漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【ダンジョン飯 最新刊8巻 ネタバレ注意】ライオスたちの種族が入れ替わってしまう

ダンジョン飯8巻の表紙画像

この記事ではハルタで連載中の大人気グルメファンタジー『ダンジョン飯8巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します!

表紙がキノコだらけ…

7巻では新しく仲間となった猫娘・イヅツミやセンシの過去について描かれましたが、8巻ではチェンジリングという茸によって種族そのものが変わってしまうという展開が描かれています。

7巻の内容を思い出す>>>【ダンジョン飯7巻 ネタバレ注意】イヅツミとの距離が縮まりセンシの過去が描かれる

ダンジョン飯8巻の裏表紙画像
ダンジョン飯8巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

さすがの面白さですね

スポンサーリンク

ダンジョン飯8巻のあらすじ

不注意でチェンジリングの中に入ってしまったライオス一行。

ライオスはドワーフに。マルシルはハーフフットに、そしてセンシはエルフに……。

種族が入れ替わり、慣れない体で迷宮の最奥を目指す彼らを、ガーゴイル、バイコーン、そして強くなって帰ってきた歩き茸の軍勢が襲う!

一方地上では、エルフの国からやってきた迷宮制圧特殊部隊、通称“カナリア”が、その活動を開始。

ファリンのため、迷宮を攻略できるのか。

ダンジョン飯8巻より引用

ダンジョン飯8巻のネタバレ注意な見どころ

種族が変わってしまうライオスたち

迷宮の奥深くに進むライオスたちは、全員が食中毒を起こして寝込んでしまう。

体の不調が収まり、目を覚ますとライオスたちは自分の体の変化に気づくのだ。

ライオスはドワーフ、センシはエルフ、マルシルはハーフフット、チルチャックはトールマン、イヅツミは犬になってしまっているのだ。

この原因は食中毒ではなくチェンジリングという生物を近縁種に変える茸を踏んでしまったこと。

しかしその場に留まっていても体が元に戻ることはなく、元々の目的地だった迷宮の扉の前まで進むことにするのだ。

問題なのは冒険者の侵入を阻んできた扉をどう開けるのかだが、ライオスの剣に寄生していた“ケン介”が鍵の役割を果たしてくれる。

扉からは“ゴゴゴゴ”という音が響き開くかのように思えたが、ライオスたちの行動を阻むかのようにガーゴイルが襲い掛かってきて、いつもとは違う身体で大苦戦するのだ。

エルフたちが迷宮に入る

迷宮制圧特殊部隊の通称“カナリア”たちと戻ってきたカブルーは、迷宮の変わりように驚く。

1階でも黄金が獲れると噂され、寝泊まりする奴が増えて、そいつらに商売し、経済が回って街のようになっている。

このごった返した群衆をどうやって地上に戻すのか、カブルーとエルフたちは考え、行動に移すことになるのだ。

このエピソードでも茸が登場し、またエルフたちは狂乱の魔術師とファリンと遭遇することになるのだ。

姿が変わるのではなくて種族が変わる。
そこから寿命の心配まで描かれていて、チェンジリングの特性を利用して話をココまで膨らませるのは流石としか言いようがない。

エルフたちとライオスが遭遇したときにどのような展開になるのか、次の巻がとても楽しみだ。

ダンジョン飯9巻の発売日

発売間隔から予想すると2020年5月以降だと思います

ハルタのおすすめ漫画

ダンジョン飯が連載されているハルタからおすすめする漫画です。

書店で北北西に曇と往け乙嫁語りを探すのなら、ダンジョン飯の近くにあると思います。

レビュー記事はこちらから>>>【北北西に曇と往け 感想】入江亜紀最新作はアイスランドが舞台の探偵活劇

関連記事はコチラ>>>【2019年】画力が高い超おすすめ漫画を厳選して8作品紹介する

くろごま
くろごま

以上、ダンジョン飯8巻の紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました