2020年注目の新作漫画

【好きな子がめがねを忘れた】距離感の近さにドキドキさせられるラブコメ漫画

5.0
好きな子がめがねを忘れた1巻の表紙画像

視力が悪い人にとって眼鏡やコンタクトレンズは、命を預けているといっても過言ではない大切な相棒……それが無いとなれば日常生活を送るのが困難になってしまう。

この記事では、そんな眼鏡を何回を忘れてしまう天然ヒロインが可愛すぎる漫画『好きな子がめがねを忘れた』の感想や魅力を紹介したいと思う。

ヒロインと主人公のふたりだけで世界観が完成しているタイプのラブコメ漫画なんですけど、眼鏡を忘れるというワンパターンの設定を、飽きさせずに読ませる力がちゃんとある作品でした。

好きな子がめがねを忘れた1巻の画像
好きな子がめがねを忘れた1巻の画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

好きな子がめがねを忘れたのあらすじ

隣の席の女の子がめがねを忘れた。

困っている三重さんをフォローしてあげたい小村くんだけど、見ようと一生懸命な彼女の距離が近すぎて── 。

好きな子がめがねを忘れた1巻より引用

ネタバレ注意!好きな子がめがねを忘れたのストーリーや魅力

作者・藤近小梅さんの漫画

好きな子がめがねを忘れたの作者・藤近小梅さんはご主人様のしかばねという漫画を描いています。

表紙買い推奨できるほどデザインが良い漫画

視力検査を模したロゴや、背表紙のタイトル部分のめがねという単語にぼかしをいれていたり、表紙の色使いがとても綺麗で遊び心がある漫画は凄く好き。

しかも本作のヒロイン・三重さんは眼鏡女子であり、ゴールデンレトリーバーの毛並みを彷彿とさせるような質量のあるロングヘア……キャラデザが素晴らしすぎる。

見えないから近くで見ようとする距離感が最高

三重さんはいつもぽーっとしていて「シャープペンってプペンって略したほうが可愛くない?」と天然な女の子で、クラス替えをしてまだ3日目と、三重さんと主人公の小村くんが知り合った期間は浅い。

三重さんは普段からコンタクトではなく、眼鏡ををかけているのだが、忘れたり、無くしたり、壊れたりと日常生活をハードモードで生きている。

目つきが悪くなりながらも困っている三重さんと、好きな子を照れながらも必死にサポートする小村くんの様子が、ラブコメ好きにはたまらない漫画だ。

こういうタイプの漫画は『設定そのものに飽きてしまう』という状態になりがち。

だが本作の場合はもしかしたら好きなのかもしれない、特別になりたいという想いがちゃんと形になっていくため、4巻くらいの早い段階でラブコメとしてニヤニヤがとまらなくなってくる。

三重さんの天然さが面白くて可愛い

視界がつねにぼやけているから、小村くんの顔をちゃんと見ようとして距離感が近くなり、天然な三重さんの無自覚な行動にドキドキしっぱなしな小村くんと、読者。

小村くんの靴とはき違えたり、ビニール袋が猫に見えていたり、敵味方分からない状態で体育の授業に参加したり「大丈夫私がやる……ううんやらせてほしいの」とむしろやる気をみなぎらせたりと言動がいちいち面白可愛い。

からかい上手の高木さん先輩がうざい後輩の話みたいな漫画が好きな人には超オススメなので、未読の人はぜひ手に取ってみてはいかがだろうか。

好きな子がめがねを忘れた(最新刊)6巻の発売日

好きな子がめがねを忘れた6巻は2020年10月22日に発売予定です。

好きな子がめがねを忘れたの出版社や連載誌

好きな子がめがねを忘れたはスクウェアエニックスから刊行されている漫画誌・月刊ガンガンJOKERで連載中です。

本作を書店で探すのなら『事情を知らない転校生がグイグイくる』や『履いてください鷹峰さん』という漫画の近くにあると思いますよ。

くろごま
くろごま

以上、好きな子がめがねを忘れたの紹介でした

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました