2019年に1巻が発売された面白い漫画

【最新刊】ニコラのおゆるり魔界紀行2巻|サイモンの父親とニコラの母親について描かれる

ニコラのおゆるり魔界紀行2巻画像
この記事は約5分で読めます。

まるで絵本を読んでいるような独特なタッチで描かれる世界観が人気のニコラのおゆるり魔界紀行2巻が2019年1月15日に発売されました。

本作の帯ではフランス・アメリカ・韓国での翻訳出版が決定と帯に記載してあります。

海外進出が決まったニコラとおゆるり魔界紀行2巻ではどのような出会いをもたらすのか。

そしてサイモンの父親が登場し、ニコラの母親についても描かれています。

くろごま
くろごま

この表紙がめっちゃ好きなんですよね

スポンサーリンク

ニコラのおゆるり魔界紀行2巻のあらすじ

魔界に迷い込んだ人間の少女・ニコラと、魔族の旅商人・サイモン。
ふたりの魔界珍道中は、さらに奥地へと。
元気いっぱいに魔界を走り回るニコラに、さまざまな出会いが訪れる第二巻。
好評の描き下ろし「旅のそのあと」も収録。

ニコラのおゆるり魔界紀行2巻より引用
  • 漫画誌:ハルタ
  • 出版社:KADOKAWA
  • 作者:宮永麻也
  • ジャンル:異世界・ファンタジー

【ネタバレ注意】ニコラのおゆるり魔界紀行2巻の見どころ

スポンサーリンク

1巻の内容を振り返る

人間の少女ニコラが魔界に迷い込み、行商人の悪魔族サイモンと一緒に旅をする。

価値観は人間とはかけ離れていて気持ち悪いと思う物や、呪いとか幽霊が好まれていたりするのがこの世界であり、ニコラを敵だと思う者もいれば、種族なんて関係ないと朗らかなヤツも多くいるのだ。

ニコラが普通かといえばそうではない。

魔女のおばあちゃんに育てられたニコラは一輪の花を咲かす魔法が使えるのだ。

本人はそれしか使えないことに悩んでいるのだが、潜在能力は計り知れない。

サイモンの父親が登場する

そんなニコラとおゆるり魔界紀行2巻ではニコラの母親に関することや、サイモンの父親が登場する。

第10話では“至急戻ってやれ、トビーの様子がおかしい”と手紙を受け取ったサイモンが、雑貨屋を営む父親に会いに行く話が描かれている。

「お父さんいいなぁ、どんな人なんだろ」

とニコニコ笑顔で姿を想像するニコラでしたが、ドキドキしながら会ってみればトビーの姿は真っ黒な鳥の姿をしていたのだ。

似ても似つかない姿に驚くニコラだったが、そこにはまだ赤ちゃんだったサイモンを拾ったのだと話す衝撃の過去があった。

人間であるニコラにまったく驚かなかった理由はここにある。

「孫でいいな。おじいちゃんと呼べ」と話すトビーはとても元気に見えるのだが、手紙をサイモンに出した人物?魔物?はトビーが崖から飛び降りる姿を見てしまったと話すのだ。

ニコラの母親についても描かれる

第11話では少数民族であるズモモ族の村を訪れるのだが、そこでニコラの母親に関する情報がみつかる。

ニコラが使える花を咲かす魔法で手のひらに出てくる花と全く同じものが咲いていて、村にあった花の種がいれられていた袋にあるマークは「お母さんが考えたおまじないなんだよ」とおばあちゃんから聞いたものと同じものだったのだ。

ニコラの母親は病気で亡くなっていると話す。

しかし若い頃に魔界に来ていたのかもしれない。

袋に一緒に入っていたブローチがどこの工芸品か知っているサイモンは「その街に行っても何も見つからないかもしれないぞ。それでも行きたいか?」とニコラに聞かれる前に尋ねる優しさをみせるのだ。

ふたりは少しずつ母親の軌跡をたどっていく。

想像通りの魔界に、想像できないほっこりする話がニコラのおゆるり魔界紀行2巻では描かれているのだ。



ニコラのおゆるり魔界紀行3巻の発売日は?

2020年1月ごろだと思いますが詳細が分かり次第追記します

スポンサーリンク

ハルタからおすすめする漫画

ニコラのおゆるり魔界紀行と同じ漫画誌『ハルタ』からおすすめする漫画です。

本屋でこの作品を探す場合、ニコラのおゆるり魔界紀行が近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!

乙嫁語り1巻より引用

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。
ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。
3つ、その職業は、探偵――。
あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、
またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。
愛車ジムニーを駆りながら、
胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!
若き魔法使いの成長を描いた『乱と灰色の世界』から2年。入江亜季の最新作は極北の大地が舞台の“エブリデイ・ワンダー”!!

ニコラのおゆるり魔界紀行1巻より引用