2019年に1巻が発売された面白い漫画

「あなたの推しはどれ?」俺マン2018に投票‼私が選ぶ今年出会ってよかった作品10選‼『2018おすすめ漫画』

俺マン2018画像
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

俺マン2018という企画をtwitterで見かけて参加しました。投票した作品は上記のとおり。

この企画には参加資格も選定基準もなく、好きな作品を際限なく投票できてしまうため、自分でルールを決める必要がある。

私の縛りは『今年出会った作品』の中から『10作品』あれもこれもと書きたい気持ちを抑え、なんとか10個に絞りました。

2019冬アニメ原作コミックまとめ|『上野さんは不器用』や『五等分の花嫁』など17作品
2019年よりアニメ放送される『2019冬アニメ』から原作漫画をまとめました。知っている作品から知らない作品まで、2018年冬アニメの『ゆるキャン』や『からかい上手の高木さん』のように人気急上昇する作品は生まれるのか楽しみだ。
スポンサーリンク

俺マン2018とは

「俺マン」とは「俺マンガ大賞」を略して生まれた名称で、選定基準も参加資格もない、自分の独断と偏見でこの1年読んだマンガから面白かった作品を選ぶ、超個人的年間ベスト企画です。2011年末にスタートし、昨年2017年には総投票数10232票、総タイトル数2495作が寄せられる企画に成長しました。

#俺マン2018 特設サイト
「俺マン」とは「俺マンガ大賞」を略して生まれた名称で、選定基準も参加資格もない、自分の独断と偏見でこの1年読んだマンガから面白かった作品を選ぶ、超個人的年間ベスト企画です。

ゆるキャン△



アニメと漫画は切っても切れない関係にあり2018年を語るうえで『ゆるキャン』は外せない。趣味のなかでもガチ、敷居が高いキャンプに「これなら自分でも出来そう」と思わせたのはこの作品のすごいところで、キャラクターの仲の良さ、マイペースさにほっこりする。私の2018年はこの作品から始まった。

ゆるキャン7巻|2期アニメ制作決定!ついになでしこのソロキャンが描かれる
累計150万部突破&二期アニメ制作決定した女子高生によるキャンプ漫画『ゆるキャン7巻』のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。
『ゆるキャン』あfろが描く新作はパノラマカメラと女子高生『mono1巻』
【ゆるキャン】の作者あfろが描くアクションカムを題材にした4コマ漫画【mono1巻】のネタバレ注意な感想・レビュー。舞台は同じく山梨。写真好きではない写真部が、漫画家のお姉さんと一緒に綺麗な景色をみたり、美味しいグルメを巡ります。

ハクメイとミコチ



こちらも2018年1月よりアニメ放送された作品。小人たちの衣食住を描いた作品で、分かりやすく例えるのならどうぶつの森の漫画版だろうか。果物ひとつとっても小人たちには巨大で、自然のなかに暮らす彼らが見ている日常を描くには背景を相当書き込む必要がある。個性的なキャラクターと穏やかな日常に見惚れるのだ。

ハクメイとミコチ6巻|小さな挑戦!ちょっと弱気なキャラたちが描かれる
2018年1月にアニメ化された大人気ファンタジー『ハクメイとミコチ6巻』ネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

北北西に曇と往け



旅にでたくなるマンガとはまさにこれ!『乱と灰色の世界』の入江亜紀が描く新作のテーマは旅行?と思いきやそれはおまけでしかない。舞台となるのはアイスランド。機械と話すことが出来る主人公の職業は探偵。弟には殺人の容疑がかけられていて……。読者に多くは語らない小説のようでスタイリッシュな作品だ!アイスランドの大自然、そして有名な観光地を歩く一冊をぜひ旅のお供に持って行ってくれ!

北北西に曇と往け感想|入江亜紀最新作はアイスランドが舞台の探偵活劇
乱と灰色の世界や群青学舎の入江亜紀最新作はアイスランドが舞台の探偵活劇『北北西に曇と往け』のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

図書館の大魔術師



2018年に発売されたファンタジーでもっともテンションのあがった作品だ。マンガ好きのなかでも評価はかなり高いが、なぜか賞レースには入らない。司書がこの作品における英雄職であり、差別を受けてきた主人公がひとりの女性に出会い、同じ道を目指す作品。「たとえ愚かと言われようと立ち向かわねばならないときが主人公にはあるよね」と言葉の一つ一つが魅力的な作品だ。

【図書館の大魔術師 感想】風のカフナは架空の小説…司書が主役の王道異世界漫画
小説家になろうやTwitterなど誰でも作品を発表できる場が増え、異世界転生系はひとつのジャンルとして確立されました。だからこそ純...

ブルーピリオド



大学への進学か、就職か。高校生の岐路は主にこのふたつだが、この作品の主人公が選んだのは美大への挑戦だった。DQNだが人当たりがよく友達も多い、努力の結果、成績優秀の主人公はある日一枚の絵に出会う。

その衝撃を味わうのは主人公だけではなく我々読者もだ。「天才にはなれない。やったぶんしか上手くならない。だったら天才と見分けがつかなくなるまでやればいい」という言葉は才能へ挑む重さをものがたっている。このマンガがすごい2019オトコ編第4位の超話題作を見逃すな‼

ブルーピリオド感想|一枚の油絵に出会ってしまったDQNの美大受験を描く漫画
月刊アフタヌーンで連載中の美大受験漫画『ブルーピリオド』のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。
スポンサーリンク

とんがり帽子のアトリエ



ファンタジーにも色々な種類があるが最も美しい魔法をみれるのはこの作品だ。2018年11月には原画展が開催されるほど、シンプルでありながら強い主張を感じるイラストは本当に美しいのだ。

そして物語のほうはというと、本来一般人には使えない魔法の秘密を知ったココは多くの敵意にさらされることになるのだが、主人公であるココのひたむきな明るさにハマっていくのだ。敵の目的は?恩師の過去は?巻を増すごとに物語の深みが増してくるオススメなファンタジーだ。

先輩がうざい後輩の話



次にくるマンガ大賞2018ウェブマンガ部門で圧倒的な人気で1位になった作品だ。この作品はTwitterで連載しており、誰もが無料で読むことができるのだが(単行本は書下ろしあり、フルカラー)話を更新するたびに何万いいねがつくほど今の時代にマッチした作品。どんな作品か、いいねといいたくなる漫画だ。

事情を知らない転校生がぐいぐいくる



クラスの皆から“死神”と呼ばれ、孤立している女の子。彼女を助けるのは転校生の高田くんなのだが、厨二病の彼の言葉は「なんてかっこいいあだ名なんだ」と斜め上。しかしストレートな褒め言葉は読んでいて気持ちよく、照れてしまう。ラブコメでいい作品はないかと探しているあなたにおすすめだ。

【事情を知らない転校生がグイグイくる 感想】素直は最強!厨二病が女の子を救うラブコメ漫画
学生のころを思い出してもいじめは身近な存在でした。いじめという言葉は近いうちに死語となってちゃんと犯罪と呼ばれるよう願っていますが...

天国大魔境



このマンガがすごい2019オトコ編の王者。

テクノロジーが存在し、子供たちが自由に暮らせる天国のような世界と、人を食う化物が存在する荒廃した世界。この相反する二つの世界がひとつに収まっているのが『それでも町は廻っている』の作者・石黒正数が描く新作だ。物語が進むごとに話はどんどん分からなくなっていくのに、ワクワク感が止まらなくなってくる。SFを普段読まない私でもこれはやばいなと思った。

【感想】天国大魔境|このマンガがすごい2019オトコ編第1位!ふたつの世界を行き来するSF漫画
このマンガがすごい2019で第1位に輝いた天国大魔境の感想。子供たちが安全に暮らす壁のなかの世界と、魔物に襲われる荒廃した日本という二つの世界観を行き来するSF漫画です。

メタモルフォーゼの縁側



このマンガがすごい2019オンナ編女王。

おばあちゃんがたまたま手に取った一冊の漫画はBLでした。職場では普通なのだが、学校では居場所が作れていない不器用な女子高生がバイト先の本屋で出会ったおばあちゃん。友達の形はひとぞれぞれ。お互いに漫画の感想を語り合う相手が欲しかったのだ……。

生活感ある背景におばあちゃんの老いを感じさせる描写が本当にすごい。題材にあるとおり、BL描写は多少なりとも描かれているけど、それは男でも読める程度。読んだことがないはもったいない作品。

メタモルフォーゼの縁側感想|このマンガがすごい2019第1位!BLと友達に出会う漫画
このマンガがすごい2019オンナ編で第1位に輝いた漫画『メタモルフォーゼの縁側』のネタバレ注意な感想と魅力を紹介します。

まとめ

縛りを『今年発売された漫画』にしてしまうとなんでもありになってしまうので『今年出会った漫画』にしました。2019年にはどんな作品が世に放たれるのか、楽しみでなりませんね!