2019年1月からアニメ化された漫画

「物語シリーズの本領発揮」ひたぎクラブの完結と八九寺真宵ついに登場‼『化物語2巻感想』

スポンサーリンク
化物語2巻画像
掟上今日子の備忘録』『めだかボックス』の西尾維新と『エアギア』『バイオーグ・トリニティ』の大暮維人がタッグを組んだコミカライズ。週刊少年マガジンで連載中の『化物語2巻』が2018年8月17日に発売された。『特装版』では前回に引き続きイラストカードが付属。
9名の豪華作家人がイラストを寄稿している。
「まだ無かったのか」西尾維新×大暮維人による超美麗コミカライズ『化物語1巻感想』
『掟上今日子の備忘録』西尾維新と『エア・ギア』の大暮維人がタッグを組んだ『化物語1巻』ネタバレ注意な感想・レビュー。アニメに映画とすでに知名度も人気も博している『物語シリーズが』超美麗なコミカライズに。
スポンサーリンク

2巻のあらすじ

created by Rinker
¥637(2019/02/16 12:09:50時点 Amazon調べ-詳細)

「僕はその道案内をするだけだ」。阿良々木暦が受け止めたのは、“体重を奪われた少女”戦場ヶ原ひたぎ。彼女は、自分で自分を助けなければならない。本当の自分の“思い”に、迷子にならないように…。西尾維新×大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 青春は、二度とは出会えぬ〈物語〉!

『ひたぎクラブ』から物語は『まよいマイマイ』へ

化物語2巻ネタバレ画像

西尾維新さんといえば言葉遊び。

テンポの良い言葉の応酬は『化物語2巻』から八九寺真宵の登場によって加速する。

そして大暮維人さんの画力もこれで本当に週刊連載してるのかと驚くほどクオリティが上がっているのだ。

 

八九寺真宵編の前に戦場ヶ原ひたぎの話の続きから2巻は始まる。

母親が宗教に傾倒していった過去。

縁を切ることを戦場ヶ原は神に望んだ。

それでも「あの時、あの時のお母さんの笑顔は私のためだけのものだから……」と戦場ヶ原は後悔した。「立ち向かえば偉いというわけじゃない。逃げたきゃ逃げればいいのにさ」と忍野は本当に良いことを言うのだ。

戦場ヶ原は缶コーヒーを持ち上げ涙する。

それは自分の重みが戻ったなによりの証拠だった。

「蟹は“解ったような虫”って書くだろう?つまりはそういうことさ」という忍野のセリフに、戦場ヶ原の笑顔。ひたぎクラブの終わらせかたはとても綺麗だった。

 

そして物語はまよいマイマイへ移っていく。

怪異から日が経って、なんて事のない休日に戦場ヶ原とおしゃべりしまくって精神を削られた後、阿良々木は公園の案内図を見あげる少女を見かける。「道に迷ったのか?」と気軽に声をかけると「話しかけないでください‼私はあなたが嫌いですっ‼」と強烈な一言が返ってくるのだ。

彼女こそが八九寺真宵。「失礼、噛みました」は化物語のなかでも有名な言葉だ。

 

本作はいたるところに物語の伏線があり、2巻でも羽川翼、阿良々木暦、そしてファイアーシスターズ、キスショットが描かれている。週刊連載ということもあってどこまで描かれるのかは分からないが、蝸牛のえげつないほど緻密なイラストを見て、もっと読みたいと強く思った。

コミカライズとしてはこれ以上ない完成度だ。

created by Rinker
¥637(2019/02/16 12:09:50時点 Amazon調べ-詳細)

化物語2巻特装版イラストを寄稿した作家

「ネタバレ注意」化物語3巻感想記事

「誰もが蝸牛に騙される」八九寺真宵編『まよいマイマイ』が凄すぎた『化物語3巻感想』
『掟上今日子の備忘録』西尾維新の物語シリーズを『エア・ギア』大暮維人がコミカライズ。週刊マガジンで連載中の化物語3巻のネタバレ注意な感想・レビュー。特装版には豪華イラスト9種類、書下ろし短短編、大暮維人のネーム公開&解説など。