2019年に1巻が発売された面白い漫画

ハクメイとミコチ6巻|小さな挑戦!ちょっと弱気なキャラたちが描かれる

ハクメイとミコチ6巻画像
この記事は約5分で読めます。

2018年1月からアニメ放送されたハルタで連載中の日常系ファンタジー『ハクメイとミコチ6巻』が2018年1月15日に発売されました。

ゆるキャン△宇宙よりも遠い場所からかい上手な高木さんポプテピピックなどが話題となっていますが、小人たちの日常生活を描いた本作も負けていない。

ハクメイとミコチ6巻では小さな挑戦をテーマにいつもは明るくて元気なキャラクターたちの弱気な姿が描かれています。

スポンサーリンク

ハクメイとミコチ6巻のあらすじ

知らないこと、してみたいこと、まだまだあるね。

2018年1月よりテレビアニメも放送開始! 身長9センチの豊かな生活を描く人気作、最新刊!
今巻のテーマは“小さな挑戦”。カナヅチのハクメイは水泳を習い、ミコチは服飾のコンテストに出場します。もちろんふたりだけではありません。研究家のセンも、大工のイワシも、美容師のジャダさんも。いつもの面々が、いつもと少しだけ違う顔を見せる――そんな楽しさが詰まった第6巻。
また、待望の副読本『ハクメイとミコチ ワールドガイド 足下の歩き方』も同時刊行。ぜひ併せてお楽しみ下さい。

ハクメイとミコチ6巻より引用
  • 漫画誌:ハルタ
  • 出版社:KADOKAWA
  • 作者:樫木祐人
  • ジャンル:日常系ファンタジー

【ネタバレ注意】ハクメイとミコチ6巻の見どころ

スポンサーリンク

テーマは小さな挑戦

アニメの影響は本屋にも及ぶ。

新刊コーナーとは違う、特設コーナーで人気や注目度の高い作品が全巻増量されるのだ。

ハクメイとミコチは身長9センチしかない小人の女の子ふたりの共同生活、そして意思疎通ができる動物たちとの共存、こだわりがつまった職業が描かれた作品で、1冊の満足度がとても高い。

そんなハクメイとミコチ6巻のテーマは“小さな挑戦”ということで、いつもは天真爛漫なハクメイとミコチの弱気な姿が描かれている。

ハクメイの意外な弱点

豪雨の影響で三日間家に閉じ込められたハクメイとミコチは食糧難に。道は完全に水没しているのだが、ハクメイはかなづちのため泳ぐことが出来ないらしいのだ。

泳いで渡るのは無理。

そこで大工でもあるハクメイは即席でいかだを作り、呑戸屋へ向かうことにする。

その道中、たくましい連中による即席水上屋台が開かれていてむしろ賑わいを見せている。

軽食をとりながら「呑戸屋に行く意味が……」と呟く二人でしたが、目的地は変わらない。

呑戸屋に着くと飯を作る代わりに、足場を組むように頼まれるのだが、ハクメイはかなづち。

ここから呑戸屋のミマリ先生によるレッスンが始まるのだ。

「息を吐くために口を開くだろ?そしたら水が入るだろ?あ、騙したのか?」と余裕がないハクメイが描かれていてかなり面白い。そしてオチも予想外だった。

ジェダの苦手な知人

美容師のジャダ(私が一番好きなキャラクター)は昔の苦手だった知人、役者のカーネリアンと再会し、いつも以上にテンションが低い。

鬱陶しいやつでも性格が悪そうなやつでもない。

ただ自信家でジャダとは気が合わなそうなタイプには見える。

公演でマキナタを訪れたさいにジャダに切って欲しかったと話すのだ。本当に悪い奴ではない。ジャダは顔を布で隠し、弟子という設定で対応することになるのだ。

ミコチの憧れの人

ミコチは優勝賞品のヒロムタ綿を狙ってコンテストに参加するのだが、憧れの服職人ナイトスネイルと勝負することになる。

たびたび名前が出てきたナイトスネイル。

今回も姿は描かれていない。

憧れの人を前にテンションが上がると思いきやミコチはコンテストを辞退するというのだ。

「負けると分かってて作れない」というミコチに対して「ミコチが作った服を着て旅人になるんだ、きっと長旅にも耐えれるし、どこでも行ける」と奮起を促すハクメイのセリフは印象的で、さまざまな服職人のこだわりがつまったコンテストは見ていてすごく楽しい回だった。

その他にもコンジュやケイトの話も描かれていて、とても楽しかった。私はアニメを観て6巻まで一気に購入したが、もっと早く買っておくんだったと本気で思った。



ハクメイとミコチ7巻感想記事

次の記事ではハクメイとミコチ7巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

ハルタからおすすめする漫画

ハクメイとミコチと同じ漫画誌『ハルタ』からおすすめする漫画です。

本屋でこの作品を探す場合、ハクメイとミコチの近くにあると思われるのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。
ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。
3つ、その職業は、探偵――。
あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、
またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。
愛車ジムニーを駆りながら、
胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!
若き魔法使いの成長を描いた『乱と灰色の世界』から2年。入江亜季の最新作は極北の大地が舞台の“エブリデイ・ワンダー”!!

北北西に曇と往け1巻より引用

九井諒子、初の長編連載。待望の電子化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

ダンジョン飯1巻より引用