2019年に1巻が発売された面白い漫画

【荒ぶる季節の乙女どもよ2巻 ネタバレ注意】廃部の危機にそれぞれの物語が動き始める

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻画像
この記事は約5分で読めます。

この記事では性に振りまわされる少女たちの青春を描いた、別冊少年マガジンで連載中の作品『荒ぶる季節の乙女どもよ2巻』のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

死ぬ前にしたいことが“えすいばつ”という衝撃の一言や泉君の恥ずかしい姿を目撃と、すごい展開の連続の1巻でしたが、荒ぶる季節の乙女どもよ2巻では文芸部員それぞれの物語が動き始めます。

荒ぶる季節の乙女どもよ3巻の表紙裏画像
上が裏表紙で下がカバー裏イラストです
くろごま
くろごま

曾根崎と本郷が物語の中心

スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻のネタバレ注意な見どころ

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻のあらすじ

新菜の「死ぬ前にセックスがしたい」発言より“性”に翻弄され始めた文芸部。幼なじみ・泉の自慰を目撃した和紗は、彼への好意を自覚する。変化が訪れた二人の関係性が、彼女を思い悩ませる……。

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻より引用

朗読のせいで廃部の危機に陥る

卑猥な文章の朗読。

なにより顧問がいないことを指摘された文芸部は窮地に陥ってしまう。

前任の先生は定年退職し、誰も文芸部の顧問になってくれる人はいないという教師としてそれでいいのか状態。改めて先生たちに声をかけてまわるも撃沈し続ける文芸部……。

落ちこむ一同だったが「大人に振り回されたくない」という人も多いはずと学校の横暴を訴える方向にシフトチェンジし、署名運動することに……。

本郷ひと葉とミロさんが出会ってしまう

本屋で見つけた小説の帯には女子高生作家デビューの文字。

本郷は担当編集に電話するも、A案とB案があるのは大人の世界では普通と一蹴された挙句、さらには文章にリアリティがないとダメ出しを受ける。

涙をにじませる本郷はチャット相手であるミロさんにリアリティを求めるのだ。

えすいばつという本物の経験。

相手がどんなやつかはもちろん分からない。「あからさまにやばいやつだったら逃げる」と呟きながら待ち合わせ場所に向かう本郷。事前に聞いていた花柄の服を着た男。

見つけた男は想像していた酷い男ではなかったのだが、本郷の記憶に引っかかりを覚えるのだ。

そして気づいてしまった。

お互いに見覚えのある顔だと。

現国の教師、山岸だと。

曾根埼が超美少女になって注目される

メガネを外して、髪をおろした曽根崎は本物の美少女に変貌を遂げて一躍話題の人になる。

荒ぶる季節の乙女どもよのモブキャラのうざさは一級品で、リアリティがありすぎるのだが、さわがしい周囲とは違い複雑な心情の少年がひとり……。

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻を読んだ感想

本当にこういった作品のモブキャラのうざさは際立っていて、自分もそうならないように気をつけようと思える。

そして本郷や曾根崎の物語が動き始めた荒ぶる季節の乙女どもよ2巻は胸のざわめきを感じさせる展開が描かれていた。

次はだれの物語がはじまるのだろうか、楽しみに待っていたいと思う。



荒ぶる季節の乙女どもよ3巻の感想記事

次の記事では荒ぶる季節の乙女どもよ3巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよと一緒におすすめしたい漫画

荒ぶる季節の乙女どもよが連載している別冊少年マガジンからおすすめする漫画です。

本屋でこの作品を探す場合、荒ぶる季節の乙女どもよが近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

平凡な中学生・若葉が曾祖母から相続した奇妙な形をしたペンと巨大な洋館。その洋館に幽閉されていた「あかずきん」を名乗る謎の少女を解放したことで、描いた絵を具現化する力を持ち人々を救う「書の魔導士」の役目を若葉は継承する。しかし、それをキッカケに若葉は第2次世界大戦あるいはそれよりも遥か古より続く魔女たちの戦いに巻き込まれていき──。少女達が殴って斬って撃って殺しあう新本格ダークファンタジー開幕!!

赫のグリモア1巻より引用

十八世紀、チベット。山間のとある村に住む13歳の医者見習いの少年、カン・シバ。ある日、薬草採取から帰宅すると、家には嫁ぎ先に向かう花嫁とその一行が滞在していた。花嫁の名前は、モシ・ラティ。彼女は、異国からはるばるやってきたカン・シバの花嫁だった…! 心優しい少年と不思議な花嫁が織りなす、チベットの日常が満載の、ほのぼの物語。

テンジュの国1巻より引用