2019年4月からアニメ化される漫画

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻|「可愛そうな男がもう1人」廃部の危機に動き始める物語

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

性に振りまわされる少女たちの青春を描いた別冊少年マガジンで連載中の作品『荒ぶる季節の乙女どもよ2巻』が2017年8月9日に発売された。

死ぬ前にしたいことが“えすいばつ”という衝撃の一言に、泉君の恥ずかしい姿を目撃とすごい展開の連続の1巻だったが、2巻ではそれぞれの物語が動き始める。

スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻のあらすじ



あなたの“はじめて”を、わたしにください──。
和紗たちは文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

漫画情報まとめ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない



あの日、ここで止まった時間が、動きだす。 小学生の時に友達と“超平和バスターズ”というグループを作り、“じんたん”と呼ばれていた少年・宿海仁太。 “めんま”の死をきっかけにグループはバラバラになってしまっていたが、彼の前に突然めんまが現われて――!?

それでも僕は君が好き



法律事務所で働く芹澤(せりざわ)は、職場からの帰り道、交通事故に遭う。その時、彼のもとに駆け寄ってきたのは、見覚えはあるが誰かわからない女性だった。病院で目覚めた芹澤は、彼女が誰かを思い出すべく、過去の恋愛を振り返るが……。恋愛中の人も、休憩中の人も、誰にでもある「忘れられない恋」! 台湾の小説を原作に、透明感あふれるタッチで描かれた珠玉の恋愛オムニバス。

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻 見どころと感想

荒ぶる季節の乙女どもよ2巻ネタバレ画像

廃部の危機

卑猥な文章の朗読。

なにより顧問がいないことを指摘された文芸部は窮地に陥る。前任の先生は定年退職し、誰も文芸部の顧問になってくれる人はいないという教師としてそれでいいのか状態。改めて先生たちに声をかけてまわるも撃沈し続ける文芸部……。

落ちこむ一同だったが「大人に振り回されたくない」という人も多いはずと学校の横暴を訴える方向にシフトチェンジし、署名運動することに……。

本郷ひと葉とミロさん

本屋で見つけた小説の帯には女子高生作家デビューの文字。

本郷は担当編集に電話するも、A案とB案があるのは大人の世界では普通と一蹴された挙句、さらには文章にリアリティがないとダメ出しを受ける。涙をにじませる本郷はチャット相手であるミロさんにリアリティを求めるのだ。

えすいばつという本物の経験。

相手がどんなやつかはもちろん分からない。「あからさまにやばいやつだったら逃げる」と呟きながら待ち合わせ場所に向かう本郷。事前に聞いていた花柄の服を着た男。見つけた男は想像していた酷い男ではありませんでしたが、本郷の記憶に引っかかりを覚えるのだ。

そして気づいてしまった。

お互いに見覚えのある顔だと。

現国の教師、山岸だと。

曾根埼の確変

メガネを外して、髪をおろした曽根崎は本物の美少女に変貌を遂げて一躍話題の人になる。

荒ぶる季節の乙女どもよのモブキャラのうざさは一級品で、リアリティがありすぎるのだが、さわがしい周囲とは違い複雑な心情の少年がひとり……。



別冊少年マガジン おすすめ漫画

荒ぶる季節の乙女どもよと同じ漫画誌『別冊少年マガジン』からおすすめする漫画・私が気になっている漫画を載せておきます。

本屋で探す場合、これらの作品が近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

将来的に死んでくれ

欲望に忠実すぎる百合ラブコメ



女子高生・菱川俊が恋しているのは、同じく女子高生の刑部小槙! この恋心、お金を積んででも届けたい! たとえ手段は不純でも、小槙への想いは、純粋で一点の曇りナシ!! まずは、お友達からお願いします。

テンジュの国

18世紀のチベット!婚約から始まる恋愛



十八世紀、チベット。山間のとある村に住む13歳の医者見習いの少年、カン・シバ。ある日、薬草採取から帰宅すると、家には嫁ぎ先に向かう花嫁とその一行が滞在していた。花嫁の名前は、モシ・ラティ。彼女は、異国からはるばるやってきたカン・シバの花嫁だった…! 心優しい少年と不思議な花嫁が織りなす、チベットの日常が満載の、ほのぼの物語。

テンジュの国1巻感想|「乙嫁語り好きに朗報」チベットの風習や婚約から始まる恋愛を描いた
18世紀のチベットを舞台に初々しい恋愛を描いた『テンジュの国1巻』ネタバレ注意な感想・レビュー。乙嫁語りと同じジャンルではあるが、似ている作品ではない。現代に生きる自分とは異なる価値観や異国の風習、初々しい恋愛を楽しめる作品だ。

ふらいんぐうぃっち

2016年アニメ化作品



木幡真琴(こわた・まこと)、15歳。青森で魔女はじめました。――黒猫のチトと一緒に横浜からやってきた真琴は、青森の親戚の家で暮らしはじめました。実は彼女は魔女。今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、またいとこの圭(けい)や千夏(ちなつ)たちと毎日げんきに暮らしてます。