2019年4月からアニメ化される漫画

ニコラのおゆるり魔界紀行1巻感想「クセになる」バレたら大変⁉悪魔と一緒に旅をする

ニコラのおゆるり魔界紀行1巻画像
この記事は約5分で読めます。

異世界を描いた作品は昔から多くあり、最近では転生物が増えてきてさらに勢いを増しているジャンルでもある。

2018年1月15日に発売された、ハルタコミックスで連載中の『ニコラのおゆるり魔界紀行は異世界のなかでも魔界を描いたもので、その道中は危険に満ちている。

しかしニコラの隣には悪魔族の行商人サイモンがいて、不思議なものに出会いながら楽しそうに旅をするのだ。表紙に見惚れて、中身でクセになる。読んでいてほっこりする作品だった。

スポンサーリンク

出版社・漫画誌などの情報

  • 漫画誌:ハルタ
  • 本屋で探す目印:HARTA COMIX
  • 出版社:enter brain
  • 作者 :宮永麻也
  • 電子書籍:ニコラのおゆるり魔界紀行
  • ジャンル:ファンタジー・異世界・旅・魔法
  • おすすめする人:独特な絵柄・イラスト・ファンタジーが好きな人

1巻のあらすじ



人間の少女・ニコラ、魔界の旅に出る!

人間界から魔界に迷い込んだ少女・ニコラ。
通りがかった悪魔族の旅商人・サイモンに拾われ、旅に同行することに。
食べ物は合わない、人間だとバレたら追いかけられる。
向こう見ずで食いしん坊なニコラには、魔界の旅は困難でいっぱい!

魔界に迷い込んだ少女ニコラはただの人間ではない

ニコラのおゆるり魔界紀行1巻ネタバレ画像

異世界に迷い込む話はだいたい普通の日常から始まり、違う環境に戸惑う場面が描かれるのだが、本作の場合はすでに悪魔族の行商人サイモンと出会い、行動を共にしている。

 

「お腹すいたー」というニコラに「これなら毒もないしたぶん安全だよ」と焼き魚?を与えるサイモン。住む世界が違えば当然食べ物は変わり、魔界にはニコラが食べれるようなものは少ない。「これほんとに人間でも食べられるの」と笑い声をあげるニコラを注意するサイモン。

 

なぜかといえば「貴様に人間の疑いがある。異世界生物取締法により取り調べを行う」というやつに出くわすからである。

ただ全ての魔族がそうかといえば違うのだ。

 

サイモンだってニコラと一緒にいるし「だいたい魔界は混沌としてなんぼだってのに取り締まるほうがどうかしてるぜ」というような気さくなやつもいて、サイモンも知らない種族がいると話すようにモフ族、ガブール、ポぺなどファンタジーならでは、宮永麻也さんの絵柄は本当にクセになるのだ。

 

ニコラは幼い。だからどちらかといえばサイモンのほうが苦労しているように見える。

魔女のおばあちゃんに育てられたと話すニコラはたびたび驚くような魔法を使うのだが、自分ではコントロールできない。

サイモンとの出会いは?ニコラは何者?まだまだこの物語は始まったばかり。

ニコラのおゆるり魔界紀行』を追いかけていきたいと思う。

ちなみにこの作品が気になる人には『ハクメイとミコチ』も好みが合うはずだ。



ニコラのおゆるり魔界紀行2巻感想記事

ニコラのおゆるり魔界紀行2巻感想|「ほっこりする」フランス・アメリカ・韓国での翻訳出版決定
魔界に迷い込んだ少女と行商人の悪魔族の旅を描いた、漫画誌ハルタで連載中『ニコラとおゆるり魔界紀行2巻』ネタバレ注意な感想・レビュー。フランス・アメリカ・韓国での翻訳出版が決まった、独特な絵柄はまるで絵本のようなファンタジーだ。

ハルタコミックス おすすめ漫画

ニコラのおゆるり魔界紀行と同じ漫画誌『ハルタ』からおすすめする作品を載せておくので、ご参考までにどうぞ。

本屋で探す場合、これらの作品が近くにあると思われます。

北北西に曇と往け

このマンガがすごい2019オトコ編第11位


北北西に曇と往け1巻感想「旅したくなる」入江亜紀最新作はアイスランドが舞台の探偵活劇
北北西に曇と往け1巻ネタバレ注意な漫画の感想・レビュー。『乱と灰色の世界』『群青学舎』入江亜紀最新作はアイスランドが舞台の探偵活劇。

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。
ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。
3つ、その職業は、探偵――。

あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。
愛車ジムニーを駆りながら、胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!

乙嫁語り

マンガ大賞2014第1位!中央アジアが舞台の恋愛作品
 
「儚げとはこういうことか」スミスの旅は再び中央アジアへ‼今度はタラスと一緒に『乙嫁語り11巻感想』
圧倒的な画力で描かれる中央アジアの民族、文化、恋愛を描いた作品『乙嫁語り11巻』のネタバレ注意な感想・レビュー。スミスの旅は再びカルルクたちのいる中央アジアへ。今度はタラスと一緒に。

中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。 美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!

ダンジョン飯

このマンガがすごい2016オトコ編第1位!グルメファンタジー
 
ダンジョン飯6巻感想「鈍感すぎる」昔の仲間シュロ―に再会&ファリンの襲来に震える
ダンジョン飯6巻のネタバレ注意な感想・レビュー。ハルタで連載中のファンタジーはシリアスな展開を一層増していく。ファリンが襲来したり新しいキャラクターが登場したり見どころが多い。

待ってろドラゴン、ステーキにしてやる! 

九井諒子、初の長編連載。待望の単行本化! 
ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、
金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう! 」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、
ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!! 

ハクメイとミコチ

2018年1月アニメ化!小人たちの世界を覗き見る


ハクメイとミコチ6巻感想|「小さな挑戦」2018年1月アニメ放送開始‼ちょっと弱気なキャラが描かれる
2018年1月にアニメ化された『ハクメイとミコチ6巻』ネタバレ注意な感想・レビュー。かなづちのハクメイが水着で過ごす一日や、ミコチ憧れのナイトスネイルとの勝負など満足度の高い一冊。ガイドブック『足元の歩き方』も同時刊行。

背丈は9センチ。森の奥で暮らす彼女たちは、とっても小さいのです。

ハクメイとミコチ。緑深き森で暮らしている、小さなふたりの女の子。木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり……身長9センチメートルなら、そんな事も出来るのです。
そーっと覗いてみませんか? 穏やかで愉快で、とびきり愛らしいその生活を。

 
 
タイトルとURLをコピーしました