漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

舞妓さんちのまかないさん2巻|舞妓デビューが決定したすーちゃんは百はなになる

舞妓さんちのまかないさん2巻画像
この記事は約4分で読めます。

ちろりの小山愛子が描く週刊少年サンデーで連載中のグルメ漫画『舞妓さん地のまかないさん2巻』が2017年7月23日に発売されました。

舞妓さんの知られざる日常と苦悩を描く本作ですが、2巻ではキヨの幼なじみすーちゃんの舞妓デビューが決まり、心身ともに疲弊している様子と支えるキヨさんの姿が描かれています。

くろごま
くろごま

2巻はすーちゃんが話の中心。舞妓さんの苦悩がより描かれています。

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさん2巻のあらすじ

京都からお届け!大人気お台所物語第二巻! 

キヨは京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす16歳の少女。
キヨは中学卒業後、舞妓さんを目指して青森から京都にやってきたものの、舞妓さん候補をクビになってしまいます。
ただし、踊りにはてんで才能がなかった彼女には、
一つだけ、得意なことがありました。
それは、故郷のおばあちゃんに教えてもらった、日々のごはんづくり。
ごはんを作る才能をおかあさん(女将さん)に見込まれたキヨは、倒れてしまったおばちゃんに代わって、屋形の台所をまかされることに。

一方、一緒に青森から上京してきた同級生・すーちゃんは、着々と舞妓さんデビューへの道を歩んでいるのでした。

華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、
温かな人間模様が描かれるお台所物語第二巻!

舞妓さんちのまかないさん2巻より引用
  • 漫画誌:週刊少年サンデー
  • 出版社:小学館
  • 作者 :小山愛子
  • 過去作:ちろり
  • ジャンル:料理・和風

舞妓さんちのまかないさん2巻のネタバレ注意な感想と見どころ

すーちゃんのための2巻

1巻ではキヨさんがなぜ『まかないさん』として働いているのか、舞妓を目指しているときはどんな感じだったかが描かれていた。

そしてこの2巻ではすーちゃんことすみれの話が描かれている。

キヨの目から見て少しばかり痩せたすみれは「みんなが寝てるときこそチャンスやから寝てられへん。そやけど仕方ない。しっかり気張らにゃうちがうちに腹立つねんもん」と努力の鬼。

ときには食事を抜いて練習しようとしたりと、みんなから心配されるほどだ。

ただ、そのかいあって「すみれのようにとことん自分に厳しくできる子はおらん」と師匠に言わせるほどすみれは成長し、ついに店だしの許し、つまり舞妓デビューが決定するのだ。

スポンサーリンク

舞妓の苦悩がより深く

舞妓さんの髷は自毛である。

ほどくのは週に1回、結いなおしてもらうときだけで、シャンプーもそのときしかできない。舞妓さんであるかぎり髷を結ったまま朝から晩まで暮らしていくことになるのだ。

変わるのは髷だけではなく、それにあわせた生活様式だ。睡眠中に髷がほどけてしまわないように箱枕と呼ばれる特殊な枕を使うようになるのだが「高い…息が苦しいし、体が前に滑る」とかなりつらそうな様子が描かれている。

くろごま
くろごま

この展開でキヨさんのマイペースさが光っている!

登場する食べ物たち

2巻ではプリンアラモードやホットケーキ、唐揚げやちっちゃいカツサンドが登場する。これは主にすーちゃんに向けての食べ物だ。すーちゃんはキヨのぶんの夢を背負って、キヨはすーちゃんのために料理で支える。

ふたりの何も言わなくてもわかっている家族のように温かい関係性が、読んでいて心地いい2巻だった。



週刊少年サンデーおすすめ漫画

舞妓さんちのまかないさんと同じ漫画誌『週刊少年サンデー』からおすすめする漫画・私が気になっている漫画を紹介します。

本屋でこの作品を探す場合、舞妓さんちのまかないさんの近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

剣道に打ち込む体育会系ぷに子・めぐみと、
東大志望のひょろ長男子・学──
幼なじみの二人は中学で疎遠になるも、
同じ高校に進学して再び距離を縮めはじめた。
プラスとマイナス、N極とS極──
真逆な二人は引かれ合う…?

効能:ニヤニヤ×ほんわか×ドキドキ、
スポーツぷに子♀とガリ勉スリム♂の
凸凹“日常”ラブコメディー!!

天野めぐみはスキだらけ!1巻より引用

話したい、話せない。この緊張が、伝わってたらどうしよう。

万人が振り返る美少女・古見(こみ)さんは、コミュ症です。
コミュニケーションがとても苦手で、周囲は近寄りがたく感じている?
「どうやって話しかけよう」「話しかけた後どうしよう」
と考えてしまう古見さん。
そんな古見さんと、友達になった只野(ただの)くんの学園生活、
開校です!!

心も指先も震えるけど、目標は友達を100人作ること!
思わずニヤニヤ、でもたまに胸をつくコミュニケーションコメディー!!

古味さんは、コミュ症です1巻より引用
タイトルとURLをコピーしました