2019年1月からアニメ化された漫画

「舞妓デビュー」すみれはキヨの夢を背負い、キヨはすみれを支える『舞妓さんちのまかないさん2巻』

スポンサーリンク
舞妓さんちのまかないさん2巻画像

 

舞妓さんの知られざる日常と苦悩、そして艶やかで美しいグルメを描いた、週刊少年サンデーで連載中の『舞妓さんちのまかないさん』2巻が2017年7月23日に発売された。本作に出てくる料理はキヨの郷土料理をのぞけば特別なものはなく、家庭でも出てきそうなものが多い。しかし著者の小山愛子さん画力にかかれば魅力的なものに変わるのだ。
スポンサーリンク

2巻のあらすじ

舞妓さんを目指したものの、挫折し、屋形のまかないさんとして働くことになったキヨ。

一方、一緒に青森から上京してきた同級生・すーちゃんは着々と舞妓さんデビューへの道を歩んでいて……。

華やかな花街の舞台裏、ふつうの日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語第2弾!

次にくるマンガ大賞2018ノミネート作品

次にくるマンガ大賞2018受賞作決定『来世は他人がいい』『先輩がうざい後輩の話』が1位に輝く
既刊5巻以内の漫画を対象にユーザー投票で決定する「次にくるマンガ大賞2018」の結果です。コミックス部門とウェブマンガ部門の1から10位までを紹介しています。残念ながら私が推している漫画はトップテンには入りませんでした。
次にくるマンガ大賞2018|私がおすすめする・気になっている漫画【まとめ】
次にくるマンガ大賞2018ノミネート作品、コミックス部門・Webマンガ部門それぞれ50作品が発表された。そのなかで私が実際に読んでおすすめする・気になっている漫画一覧記事。それぞれ10作品程度選んでいます。

すみれは夢はすぐそこに、しかし苦悩も増えていく

 

1巻ではキヨがなぜ『まかないさん』として働いているのか、舞妓を目指しているときはどんな感じだったかが描かれていた。そしてこの2巻ではすーちゃんことすみれの話が描かれている。

キヨの目から見て少しばかり痩せたすみれは「みんなが寝てるときこそチャンスやから寝てられへん。そやけど仕方ない。しっかり気張らにゃうちがうちに腹立つねんもん」と努力の鬼。ときには食事を抜いて練習しようとしたりと、みんなから心配されるほどだ。

 

ただ、そのかいあって「すみれのようにとことん自分に厳しくできる子はおらん」と師匠に言わせるほどすみれは成長し、ついに店だしのゆるし、つまり舞妓デビューが決定するのだ。

その喜びを真っ先にキヨに伝えるが、すみれはキヨが夢破れたことを思い出し、我に返る。でもキヨは気にしないどころか、すみれ以上の喜びようで強く抱きしめるのだ。すみれは呟く。「花街一の舞妓さんになる」と。

 

2巻ではプリンアラモードやホットケーキ、唐揚げやちっちゃいカツサンドが登場する。これは主にすみれに向けての食べ物だ。すみれはキヨのぶんの夢を背負って、キヨはすみれのために。ふたりの何も言わなくてもわかっている家族のように温かい関係性が、読んでいて心地いい2巻だった。

この記事で紹介した作品