漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【空挺ドラゴンズ 感想】捕龍船で空を旅する…グルメでありファンタジーとしても面白い漫画

空挺ドラゴンズ1巻画像

この記事では2020年1月よりアニメ化が決定したgood!アフタヌーンで連載中のグルメ×ファンタジー漫画『空挺ドラゴンズ』の感想や魅力を紹介します。

表紙の雰囲気最高ですね!

龍の肉を求めて捕龍船であるクィン・ザザ号に乗り空を旅する……グルメでありながらもロマンあふれる大冒険が描かれている、超大興奮の物語です!!

関連記事>>>【2019年】画力が高い超おすすめ漫画を厳選して8作品紹介する

空挺ドラゴンズの裏表紙画像
空挺ドラゴンズの裏表紙画像
くろごま
くろごま

絵柄でオススメできる漫画ですよ

スポンサーリンク

空挺ドラゴンズのあらすじ

龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。

大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。
でも、失敗したらもちろんお陀仏。

空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!

空挺ドラゴンズ1巻より引用

空挺ドラゴンズのストーリーと魅力

作者・桑原太矩さんの漫画

空挺ドラゴンズの作者・桑原太矩さんはとっかぶという漫画を描いていました。

画力の高い漫画を求めている人に超オススメ

ファンタジーといっても種類は色々ある。

空挺ドラゴンズは雲をかき分けて進むクィン・ザザ号に乗って龍をとる職業×グルメが魅力のファンタジーだ。

主人公のミカは龍の肉に魅せられた男であり、危険を顧みず獲物を見据える姿には迫力があり、それでいて肉を食べる姿には読んでいて腹が空く。

それを支えているのはジブリのような美しい絵柄。

インタビューで宮崎駿先生の影響はめちゃくちゃ受けていると語っている桑原太矩さんは、この時代の人工物感をだすために定規を使わずに描いているという話をしているのだ。

漫画を読む際に不安なのが表紙と中身の絵柄が違うことで、とくにファンタジーでそれをやられてしまうと非常につらいのだが、空挺ドラゴンズではその心配はなかった。

設定が大人向けで面白いファンタジー漫画

空挺ドラゴンズにヒーローはいない。

龍を捕獲し、肉を街に卸し、安全を守っているにもかかわらず「捕龍船を泊めた市には龍が落ちるっていうだろ?」という迷信が存在する。

どこに行っても彼らは余所者扱いされているのだ。

主人公のミカは青年だし、登場人物はおっさんばかりだ。
龍と戦うのではなく、捕らえる。

職業系漫画としての顔が強いので苦難の連続もプロとしてどう対処していくのかという、読んでいて安心感があるのだ。個人的にここは空挺ドラゴンズを推すポイントでもある。

もちろん怪物を相手にしているからにはロマンスがあったり、命の危険にさらされるようなこともある。「龍はただ一方的に狩られるような相手じゃない。殺す覚悟の無いヤツは死ぬぞ」というセリフに物語が集約されているのだ。

あとは女の子が綺麗で可愛い。

2020年1月にアニメ化が決定!!

ジブリ風の絵柄を期待していたが、残念ながら3DCGで制作される。

しかしよくよく考えたらジブリ風を他の会社がやるわけにいかないし、中途半端になるなら背景や映像が美しい3DCGでよかったのではないかとも思う

ファンタジー好き、絵柄重視で漫画を選ぶタイプの人には相性がいいはずだ。

アニメが始まる前にぜひ原作を読んでみてほしい。

空挺ドラゴンズの出版社と連載誌

空挺ドラゴンズは講談社が刊行しているgood!アフタヌーンで連載中です。

本作を書店で探すのなら、図書館の大魔術師やさしいヒカリという漫画の近くにあると思います。

レビュー記事>>>【図書館の大魔術師 感想】風のカフナは架空の小説…司書が主役の王道異世界漫画

レビュー記事>>>【やさしいヒカリ 感想】温かい雰囲気に癒される…多忙な会社員から離島への移住を描く漫画

くろごま
くろごま

以上、空挺ドラゴンズの紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました