2019年4月からアニメ化される漫画

「夏祭り」新しい出会いに金目さんは思い出をつくっていく『綺麗にしてもらえますか2巻感想』

綺麗にしてもらえますか2巻画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

さんかれあ』『少女不十分』のはっとりみつるが描く、ヤングガンガンで連載中の作品『綺麗にしてもらえますか。2巻』が2018年10月25日に発売された。

本作は熱海を舞台に、記憶を無くした過去を持つ金目さんが唯一覚えていた“クリーニング”のお仕事を描いた作品。その2巻では夏の風物詩“お祭り”に関するものが綺麗になる。

 

綺麗にしてもらえますか感想「舞台は熱海」はっとりみつる最新作はクリーニング屋さん
綺麗にしてもらえますかのネタバレ注意な感想・レビュー。『さんかれあ』や西尾維新原作『少女不十分』のはっとりみつるの最新作。2年前に記憶を失ったクリーニング屋の店主・金目綿花奈が熱海を舞台に地元の人達と交流する。
スポンサーリンク

2巻のあらすじ



なんでも綺麗にしてくれるクリーニング屋のお姉さんと過ごす夏の日々ーー

熱海(あたみ)のお祭りが近づく初夏の日々、「キンメクリーニング」を営む金目綿花奈(きんめわかな)さんは、
集配の帰りに近所の高校生・石持(いしもち)と同級生の高校生姉弟と出会う。
彼らの洋服を綺麗にし仲良くなり、その後みんなのお祭りの練習を見に行くが、大切な衣装が大変な事に…!? 
忘れられない夏の日々が始まるーー

夏祭りに欠かせない法被、そして人形をクリーニング

記憶を失っていた金目さんが唯一覚えていたものが“クリーニング”に関すること。

なぜ失ったのか、なぜそれだけ覚えていたのかは分からない。

 

さんかれあ』『少女不十分』のはっとりみつるが描く『綺麗にしてもらえますか』は熱海という温泉が有名な街を舞台に、クリーニング屋さんを営んでいる金目さんが地域の人と交流したり、温泉に入ったりと普段は穏やかな金目さんが、仕事にかける想いや集中する姿はギャップがあってとても良い作品だ。

 

この2巻では地元の高校生・石持君の友人に出会うところから話が始まる。

 

集配で電車に乗っていた金目さんは、駆け込み乗車してきた女子高生に目を奪われるのだ。

見えてしまいそうなほど短いスカートの女子高生は汗のしみ込んだ衣類に、ぱしゃぱしゃと消臭スプレーを浴びせていく。

それだけではなく制汗剤を胸元にかけようとして、ボタンがはじけ飛ぶのだ。うずうずと直したい衝動に駆られる金目さん。いっぽうとうの女子高生はクリップでシャツを止めてこれでいいやと満足してしまう。

 

結局我慢できなかった金目さんが女子高生のボタンを縫ってあげて、衣服のお手入れについて教えてあげることになるのだ。

がさつではあるが、ボーイッシュな見た目が可愛らしい鰙久里留(わかさぎくりる)は石持君のお友達でこれからもたびたび登場する。

 

2巻のメインは夏祭り。

太鼓の練習を頑張る那色ちゃんや準備に勤しむ街の様子が描かれている。

しかし当日に着る予定だった法被がずさんな管理でシミとカビだらけになっていて、金目さんが修繕することになるのだが、その量は多く徹夜作業だ。

「みなさんの思い出が詰まったお祭り衣装を私が綺麗によみがえらせていると思うと嬉しくなっちゃいます」と語る金目さんは印象的だった。

 

1巻の大漁旗に続いて2巻では人形のクリーニングも描かれている。人の思い出に触れて「預からせてください」と言う金目さんの丁寧な言葉遣いは読んでいて気持ちがいいのだ。

金目さんに何があったのかは分からないが、幸せに向かう作品であってくれと本気で思う。



綺麗にしてもらえますか3巻発売日

くろごま
くろごま

2019年春ということで

3月以降だと思います