漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【となりの妖怪さん 感想】妖怪と人間が共存する世界で少し不思議な日常を描いた漫画

となりの妖怪さん1巻画像
この記事は約4分で読めます。

田舎に漂うほのぼのとした雰囲気に妖怪が加わればもう最高。

2018年7月12日に発売されたWeb漫画サイト・マトグロッソで連載中の『となりの妖怪さん』は人間と妖怪が共存している世界を描いた作品

子供たちと妖怪の交流を描き、和やかな雰囲気が続くかと思いきや、なぜ妖怪に生まれ変わったのかなど繊細な心理描写を描いているのもこの作品の特徴です。

またこのマンガがすごい2019ではオンナ編で40位にランクインするなど、注目してほしい漫画となっています。

くろごま
くろごま

1冊の満足感がすごかった…

スポンサーリンク

となりの妖怪さんのネタバレ注意な見どころ

となりの妖怪さんのあらすじ

「ウチの猫、猫又になるかもしれんくて……」
妖怪と人と神様が、ふつうに暮らす田舎町の日常は、のんびりほのぼの、ときどき不思議。

ある夏、二十歳の長寿猫・ぶちおは、突如進化して猫又になる。
「自分が妖怪になった理由」を探して思い悩むぶちおは、化け狐の百合に、「化け学」を習いはじめるが…。

お山を守る脱力系カラス天狗・ジローと少女むーちゃん。
「天狗の仕事」をこっそり覗き見していた むーちゃんは、別人のようなジローの姿を目にする。

そんなとき、町には不吉を呼ぶ「鵺」が現れたと噂され――

Twitter発の「異類日常譚」、待望の書籍化! 
第一巻では、猫又・ぶちおの前途多難な未来を描く「猫又ビギニング」をはじめ、ここでしか読めない描き下ろし新作エピソードを30P以上収録。

となりの妖怪さん1巻より引用
  • WEB漫画:マトグロッソ
  • 出版社:イースト・プレス
  • 作者:noho
  • ジャンル:妖怪・ほのぼの
となりの妖怪さん 1
イースト・プレス
¥821(2019/09/22 01:25時点)

ぶちお猫又になるってよ

「ウチのネコ、猫又になるかもしれんくて……」と小学生のたくみが話すようにこの世界では妖怪と人間が共存している。

たくみが家に戻るとネコのぶちおはすでに猫又となっていて、人間の言葉を理解し、会話ができるようになっているのだ。

今までは分からなかったネコの感情。

しかしそれを表現できるようになったぶちおは「猫又ってただでさえ目立つし……そもそも僕こんな顔で笑われるし」とネガティブを爆発させてしまう。

猫又となったぶちおは家族の優しさにふれて、自分がなぜ妖怪となったのか、猫又となった今は何ができるのかを先輩妖怪たちから学んでいくのだ。

くろごま
くろごま

ぶちおは癒しキャラです

むーちゃんとカラス天狗のジローさん

ほのぼのとした雰囲気とシリアスな展開の両面を持っているのがとなりの妖怪さんの魅力。

小学生のむーちゃんには父親がいない。

「連れ去りや神隠しの方面からも捜索しましたが、状況から見て…残念ですが彼岸ではない虚数次元、ないしは“虚無”の存在にのまれたものと――」

と警察から連絡があってから年月が経ってしまった。

取り残された家族をお隣に住むカラス天狗のジローさんは「むーちゃんが自分で受け止められるようになるまでおれは代わりの支えになるよ」と常に気にかけているのだ。

そんな心優しいジローさんを見つめる一匹の白蛇。

となりの妖怪さんを読んだ感想

ほのぼの系かな?と思って購入して読んでみたらシリアスな展開が用意されていてとても驚いた。

250ページ近くあるボリュームで魅せるいろいろな表情をぜひ楽しんでほしい。



となりの妖怪さん2巻の発売日は?

2019年7月12日発売です

となりの妖怪さん2
イースト・プレス
¥821(2019/09/22 01:55時点)
スポンサーリンク

となりの妖怪さんと一緒におすすめする漫画

となりの妖怪さんが連載しているマトグロッソからおすすめする漫画です。

本屋でとなりの妖怪さんを探す場合、この作品が近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む
さめない街の喫茶店
イースト・プレス
¥821(2019/09/22 01:55時点)

この街は、居心地が良すぎる…
ある日突然、眠りから目覚めることができなくなったスズメは、「ルテティア」という“さめない街”に迷い込み、喫茶店「キャトル」で働くことに。
いったいなぜ目覚めなくなってしまったのか、美味しい喫茶メニューと魅力的な夢の住人たちとともにひも解いていく、新感覚のグルメファンタジー。

新進気鋭の人気作家、商業初の単行本。

さめない街の喫茶店1巻より引用

タイトルとURLをコピーしました