2019年に1巻が発売された面白い漫画

ひるとよるのおいしい時間感想|料理男子×食べない小説家の二人暮らしを描いた漫画

ひるとよるのおいしい時間画像
この記事は約4分で読めます。

Pixivコミックランキング2018日常部門で第1位となったひるとよるのおいしい時間1巻』が2019年2月15日に発売された。

父親の海外転勤で知り合いの家に居候することになった男子高校生と、自分に無頓着でドライな小説家のおねえさん。不器用なふたりが少しずつ距離を縮めていく物語だ。

くろごま
くろごま

同居系の物語好きなんですよねぇ

スポンサーリンク

ひるとよるのおいしい時間のあらすじ


料理上手DK×食べないアラサー小説家のふたり暮らし。

一緒にいることが、当たり前に変わっていく――

料理上手な高校生・浅岡真昼は、父親の海外転勤で知り合いの家に居候することに。
そんな真昼を出迎えたのは、自分に無頓着でドライな小説家・喜多川夜子だった。
なぜかご飯を一切食べない夜子に、真昼は手料理を食べてもらいたいと日々奮闘するが――!?

不器用なふたりが少しずつ近づいていく年の差同居ストーリー。

ひるとよるのおいしい時間1巻より引用
  • 漫画誌:Hugピクシブ
  • 出版社:フロンティアワークス
  • 作者 :森川侑
  • 他作品:休日のわるものさん
  • ジャンル:料理・日常

ひるとよるのおいしい時間の感想と見どころ

森川侑の新作

ひるとよるのおいしい時間はWEB漫画誌『ガンガンpixiv』で連載中の『休日のわるものさん』の作者・森川侑が描く料理と人間ドラマを描いた作品。

くろごま
くろごま

透明感のある綺麗な絵柄です

料理男子と食べない小説家

5歳のころに母親を亡くし、仕事で家にいない父親とは会話が無くなった。そんな父親が再婚して海外に行くと言い出し、それを全力で拒否した浅岡真昼は父親の知り合いという喜多川夜子のもとでお世話になることになった。

夜子は小説家という職業をしていて家事は不得意。そんな夜子に変わって真昼が家事を手伝うという生活になるのだが、夜子は真昼の作った料理を一切食べてくれない。

夜子の過去に一体何があったのか、真昼は気になりながらも食事を作り続ける。

夜子の担当編集・菅万里子からは「煙草の量が減ったわ。仕事部屋以外は匂いも薄くなった…今までどれだけ言っても減らなかったのに」と話を聞かさる真昼。

今まで聞いたことが無かった「おかえり」と言ってくれる夜子さんのためにできることを真昼は考えるのだ。



Hugピクシブおすすめ漫画

ひるとよるのおいしい時間と同じWEB漫画誌『Hugピクシブ』からおすすめする漫画・気になっている漫画を載せておきます。本屋でひるとよるのおいしい時間を探す場合、これらの作品が近くに置いてあると思うのでご参考までにどうぞ。


【おとなりのヤンキー女子が…可愛すぎる!!】ヤンキー女子高生、怖い!!と思っていたけど…。転んだり、鍵を無くしたり、ちょっぴりドジなお隣さんのまこと。毎日顔を合わせるうち、距離は縮まって――。

冴えないリーマンとヤンキー女子高生1巻より引用


死神に憑かれ、座敷童に守られる。
愛されおじいさんの大切な毎日――。

この世ならざるものが見えるおじいさん。
そんなおじいさんの魂を捕るべく、新人死神のウロはおじいさんに接近するが、ついていった家には強力な守り神(?)の座敷童 ふくちゃんが同居していた。
のんびり屋で優しいおじいさんについ心を開いてしまいそうになるウロだが――。

おじいさん家のものの怪1巻より引用