漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【ハクメイとミコチ 7巻 ネタバレ注意】小人だからこそできる特別なことが描かれる

ハクメイとミコチ7巻の表紙画像
この記事は約4分で読めます。

この記事では2018年1月にアニメ化された小人たちの衣食住を描いた日常系漫画『ハクメイとミコチ7巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します!

ハクメイとミコチ7巻はもしもハクミコが人間サイズだったら、もしもハクミコが服を入れ替えたらなど、読者から応募したシチュエーションが描かれていてとても可愛らしいイラストが満載です。

6巻の内容を思い出す>>>【ハクメイとミコチ 6巻 ネタバレ注意】小さな挑戦!ちょっと弱気なキャラたちが描かれる

ハクメイとミコチ7巻の裏表紙画像
ハクメイとミコチ7巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

1年に1度の楽しみです

スポンサーリンク

ハクメイとミコチ7巻のあらすじ

教えてあげる。彼女たち“にも”できる事。彼女たち“だから”できる事!

身長9センチメートルのハクメイとミコチ。その小さくて豊かな生活を描くシリーズ、最新刊!

入院、節約、行列、お泊り会……彼女たちもするんです。

そして鳥の背に乗る、葉っぱのカブトをかぶる、キノコの上で寝っ転がる――これは彼女たち“だから”できる事! 私たち人間と同じ所と違う所、比べて楽しい第7巻!

全10話に加え、販促用のモノクロイラストを集めたオマケページも特別収録。

ハクメイとミコチ7巻より引用
スポンサーリンク

ネタバレ注意!ハクメイとミコチ7巻の見どころ

少しだけ特別な出来事が描かれる

6巻では小さな挑戦をテーマに描かれていて、いつもは天真爛漫なキャラクターたちの弱気な姿が描かれていた。

ハクメイとミコチ7巻の帯には「知ってる?身長9センチメートルだからできること」の言葉。

私たち人間と同じような生活や出来事、そしてハクメイとミコチたちにしかできないことが描かれているのだ。

今回のテーマについては明確には記されてはいなかったが、少しだけいつもとは違う出来事が描かれているように感じた。

まあ、この世界観においては常に特別な出来事を楽しんでいるような気もするが。

ハクメイたちから見た鳥の姿は雄大

第43話では役人や経営者が利用し、一般の利用者は年に数度行われる抽選で選ばれる、最も早く最も確実で最も高価な“騎鳥便”に当選する話が描かれている。

読んで字のごとく鳥が相棒の郵便屋さんだ。

当選したと言ってもあくまで申し込む権利が当たっただけで、お金はかかる。

しかも「鳥の機嫌を損ねると依頼をお断りすることがあります」と呼ぶ鳥に応じた好物を用意しないといけない、手作りに限るなど我がままな注文が多いが、空を飛ぶ騎鳥便の雄大な姿にハクメイもミコチも目を奪われるのだ。

くろごま
くろごま

樫木祐人さんの画力よ!

黒塗りの雰囲気漂う話

ミコチが食あたりで入院、しかし病院のお手伝いに駆り出されることになったり、コンジュと二人で行列に並んでお団子を食べたり、ジュダが初めてハクメイとミコチの家にお泊りしたり……。

第47話ではセンが大穴に落ちて外へ出られなくなったところに、山芋を採りに来たハクメイとミコチが落ちてしまい、三人で脱出を目指す話が描かれているのだが、ページの余白部分が真っ黒に塗り潰されていて暗闇の雰囲気が演出されているのだ。

ハクメイとミコチ7巻を読んだ感想

表紙のイラストといいハクメイとミコチは本当に素晴らしい世界観で、穏やかな作品が好きな私にとってはハクメイとミコチ7巻も大満足だった。

個人的には初めてのお泊り会でもじもじしてるジャダが一番よかった。

8巻の記事を続けて読む>>>【ハクメイとミコチ 8巻 ネタバレ注意】なんでもない日常が特別に感じる素晴らしさ!

ハルタのおすすめ漫画

ハクメイとミコチが連載されているハルタからおすすめする漫画です。

書店で北北西に曇と往けや乙嫁語りという漫画を探すのなら、ハクメイとミコチの近くにあると思います。

レビュー記事>>>【北北西に曇と往け 感想】入江亜紀最新作はアイスランドが舞台の探偵活劇

関連記事>>>【2019年版】画力が高い超おすすめ漫画を厳選して8作品紹介する

くろごま
くろごま

以上、ハクメイとミコチ7巻の紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました