2019年4月からアニメ化される漫画

化物語5巻感想「まさに死闘」するがモンキーの核心に迫る

この記事は約5分で読めます。

西尾維新原作の大人気ライトノベル『物語シリーズ』を大暮維人がコミカライズ。週刊少年マガジンで連載中の『化物語5巻』が2019年4月17日に発売された。

5巻では前回に引き続きするがモンキーが描かれていて、神原駿河がどういう少女でどんな過去があるのか、そして話の核心に迫るような話となっている。

くろごま
くろごま

戦闘シーンの描写がえぐい……

スポンサーリンク

化物語5巻のあらすじ




自分とは住む世界が違う、学園一のスーパースター・神原駿河。そんな彼女に、阿良々木暦はなぜかストーキングされていた。理由を探る中で、怪異の存在へと辿り着いた暦を前に、駿河本人の口から語られた“願い”とは…。西尾維新×大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 誤魔化せぬ、願いと悔いの〈物語〉!

化物語5巻より引用

漫画誌は?出版社はどこ?

漫画情報まとめ

化物語5巻の感想と魅力

化物語5巻ネタバレ画像

5巻特装版の特典

特装版の特典内容
  • 西尾維新書下ろし短短編「するがスピード」収録
  • 限定カラー口絵ページあり
  • 雑誌掲載時のカラーをそのまま収録
  • 大暮維人仕事場紹介
  • 化物画廊イラストカード10枚封入
スポンサーリンク

神原駿河の過去

神原の左腕に巻かれた包帯の下には人間ではない腕。それはまさに猿の手のようで「思いに反して動くようになる――というのだろうか」と阿良々木を襲ったのは自分の意思ではないと神原は説明するのだ。

神原には戦場ヶ原とともにヴァルハラコンビと呼ばれていた過去があり、阿良々木よりも先に戦場ヶ原の異変に気付いていた。慕っていた先輩を救おうと、なんとかしようとした結果は拒絶。不死身である阿良々木に向けた敵意を神原はそのまま受けてしまったのだ。

自分にできなかったことを成し遂げた阿良々木。友達にすらなれなかった自分と恋人になった阿良々木。「戦場ヶ原先輩の噛んだガムならかめるくらい惹かれていた」と話す神原にとってその事実はあまりにも重かった……。

くろごま
くろごま

個人的に神原は凄く好きなキャラクターです

願いを叶える腕

猿の手は母方の代々受け継がれてきた物で、それは不本意な形で願いを叶えるという。

当時小学3年生だった神原は運動神経が悪く、のろまと蔑まれていた。そんなときに占い感覚で願ったのだ。「足が速くなりたいです」と。その日見た夢では化物の左腕が次々と人を襲っていったのだ。運動会の徒競走で一緒に走る予定だった4人を……。

神原の話を聞く忍野には偽りは通用しない。神原が抱える自責の念を、感情を浮き上がらせてそれを阿良々木が受け止める。

化物語5巻はするがモンキーの言わば中編で神原駿河という少女について掘り下げて、怪異についてを知る内容が描かれている。アニメで視聴者の度肝を抜いた戦闘シーンは次の巻で描かれるはずだ。



化物語6巻の発売日

くろごま
くろごま

2019年7月17日発売予定だそうです
楽しみに待ちましょう

週刊少年マガジン おすすめ漫画

化物語と同じ漫画誌『週刊少年マガジン』からおすすめする漫画・気になっている漫画を載せておきます。これらの作品を本屋で探す場合、化物語の近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

炎炎ノ消防隊




全人類は怯えていた──。何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命! とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・シンラは、“ヒーロー”を目指し、仲間たちと共に、“焔ビト”との戦いの日々に身を投じる!! 燃え上がるバトル・ファンタジー、始動!!

炎炎ノ消防隊1巻より引用

川柳少女




言いたいことは五七五の川柳で伝える女の子・雪白七々子と、見た目は怖いけど心優しい文芸部の毒島エイジ。五七五のたった17音で紡がれる二人の日常は、いつだって幸せいっぱい!

川柳少女1巻より引用