2019年4月からアニメ化される漫画

猫のお寺の知恩さん6巻感想|「ラブコメ定番文化祭」夏が終わり季節は秋に!この巻の主役は昼間ちゃん

猫のお寺の知恩さん6巻画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がたくさん暮らすお寺に居候することになった男子高校生と、年上のお姉さんとの同居生活を描いた作品『猫のお寺の知恩さん6巻』が2018年2月23日に発売された。

5巻では知恩さんの友人つらねが登場し、過酷な棚経、体調を崩す知恩さんなど夏の一幕が描かれていたが6巻は表紙の通り秋一色。学園物の定番、秋といえば文化祭ということでこの巻は昼間ちゃんの魅力が存分に発揮されている。

スポンサーリンク

猫のお寺の知恩さん6巻のあらすじ



猫いっぱいのお寺で、年上お姉さん・知恩さんと男子高校生・源のモフモフ&ソワソワの新生活。

今回は昼間ちゃんがなんだかソワソワがとまらなくて…?
秋を迎えた田舎の高校で、紅葉とともに色づく15歳の女の子。
文化祭のクライマックスで昼間ちゃんがだした答えは……?

“猫ちぐら”を作ったり、肝試しをしたり、かくれんぼ!?したり、
猫たちもあいかわらず元気いっぱい!

漫画情報まとめ

猫のお寺の知恩さん6巻見どころ・感想

猫のお寺の知恩さん6巻ネタバレ

昼間ちゃんと知恩さんの馴れ初め

バイクを購入したことを話そうと家を訪れる昼間でしたが、つらねの見送りで知恩さんは不在。

源に用は無いと言わんばかりに帰ろうとする昼間だが、操作に不慣れなためエンジンがかからずバイクを押して帰ろうとするのだ。

しばらく後ろを歩いていた源が「ちょっと貸して」とさりげなく押す役を変わり「重いなこれ」と笑いかける姿に、照れた表情を見せる昼間。源は「前から思ってたんだけど」と知恩さんと仲良くなったきっかけを聞くのだ。

昼間が思い出すのは幼い頃。今と同じような状況で、チェーンが外れた自転車を懸命に押して歩いている姿。そんなとき「どした?」と中学生の知恩さん声をかけ、手が真っ黒になるのをいとわずに昼間の自転車を直してくれた。

まったく変わらない二人の姿に読んでいてほっこりした。

文化祭と昼間の恋愛観

学校によって変わるかもしれないが、秋といえば文化祭。ラブコメの定番ということでこの巻は昼間が多く描かれている。

「誰にでも優しい男って、女たらしだよねー」「みんなしてるから恋愛するとか、そういうのは…わたしは当分いいや。気づいたら視線で追いかけてる。そういうのがいい」と昼間の恋愛観が描かれていて、そういうことなの?どうなの?と気になるところだ。

言葉を使わずに表情や仕草で表現するオジロマコトさんの描き方は本当に上手いと感じる猫のお寺の知恩さん6巻だった。



猫のお寺の知恩さん7巻感想|「知恩サンタ」進路に将来など真面目な話が描かれる
『猫のお寺の知恩さん7巻』のネタバレ注意な感想・レビュー。『富士山さんは思春期』のオジロマコトが描く本作はtwitterで話題になったおばあちゃんの名言が収録ということで、かなり真面目な話が中心となっている。
スポンサーリンク

週刊スピリッツ おすすめ漫画

猫のお寺の知恩さんと同じ漫画誌『週刊スピリッツ』からおすすめする漫画・私が気になっている漫画を載せておきます。

本屋で探す場合、近くに置いてあることが多いのでご参考までにどうぞ。

アオアシ



愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)は、ある日、Jリーグのユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)と出会う。粗削りながら、無限の可能性を秘めたアシトを、福田は自チームのセレクションに誘い!?
日本のサッカーを変えることになる少年の運命は、ここから、急速に回り始める―――!!

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション



4年前の8月31日。突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、この世界は終わりを迎えるかにみえた――

その後、絶望は日常へと溶け込んでゆき、大きな円盤が空に浮かぶ世界は今日も変わらず廻り続ける。

小山門出(こやまかどで)、中川凰蘭(なかがわおうらん)、2人の女子大生は終わりを迎えなかった世界で青春時代を通行中!

風都探偵



小さな幸せも、大きな不幸も、常に風が運んでくる風の街・風都。翔太郎とフィリップはその風都で鳴海探偵事務所に所属する私立探偵である。「街を泣かせる悪党は許さない」というふたりの元に、今日も数々の超常的な事件が持ち込まれる…!!

トクサツガガガ



仲村さんは26才のOLさん。 職場では女子力が高いと見られているけど、 実は女死力滾る「特オタ(特撮オタク)」! オタバレが怖くて、一人ぼっちでコソコソしながら生きてるよ。 人目につかないフィールドのカプセルトイを求めて街をさすらったり、 一人カラオケで“特ソン(特撮ソング)”歌いまくったり… ヒーローの言葉を胸に、今日も進むよ「特オタ」道!