漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

マグメル深海水族館感想|宇宙よりも遠い海に憧れて魅惑の生き物たちに出会う漫画

マグメル深海水族館1巻画像

ダイオウグソクムシ、メンダコなどの深海生物はテレビで取り上げられることも多く結構有名です。

日本国内で深海生物を見られる水族館は意外とあって、沼津港深海水族館を筆頭に静岡県は特に多い。

しかし今から紹介する作品は少し違う。

くらげバンチで連載中のマグメル深海水族館は東京湾の水深200メートルという深海にある水族館を描いた漫画。

登場人物の心理描写やエピソード、生き物の知識が面白くて命の重さが描かれています。

くろごま
くろごま

少し未来の水族館を描いた漫画

スポンサーリンク

マグメル深海水族館のあらすじ

東京湾の水深200メートルに水族館がオープン!!

「マグメル深海水族館」は、野生の深海生物の姿を間近で観察することができる世界唯一の水族館。
清掃員のアルバイトとして働くことになった天城航太郎は、深海生物が大好きで、少し引っ込み思案な青年。
ある日、館長の大瀬崎湊人と出会ったことで、彼の人生に変化が訪れる―――。

深海に憧れ、生き物を愛する青年の成長に胸が熱くなる、海洋ロマン開幕!!

マグメル深海水族館1巻より引用
  • 漫画誌:くらげバンチ
  • 出版社:新潮社
  • 作者:椙下聖海
  • ジャンル:生物

【ネタバレ注意】マグメル深海水族館の感想と魅力

東京湾の水深200メートルにある水族館

東京湾の水深200メートルにある『マグメル深海水族館』で清掃員として働く天城航太郎は「海のずっとずーっと奥深く、おひさまの光も届かない深海っていうところはな、宇宙よりも遠い海って呼ばれてるんだ」と話す父親の影響で深海を好きになった。

それも子供の頃の話で、今では電車一本で深海に行ける世の中だ……と本作は近未来の水族館を描いた作品である。

海の中にある水族館。

館内にいる生き物と野生の生き物を両方眺めることが出来るという、想像しただけでもワクワクしてロマンが溢れている世界観だ。

くろごま
くろごま

カバー裏にも漫画がある作品です

マグメル深海水族館の館長との出会い

「ここでの出会いはいつか誰かの人生すら変えてしまうかもしれないんだ」と話すのは『マグメル深海水族館』の館長・大瀬崎湊人。

彼との出会いは航太郎の人生を大きく変えることになる。

ダイオウグソクムシの前で「きもっ」と笑う派手なカップルに、小さな女の子が「グソクムシきもちわるくなんかないもん」と抗議する。

たまたま近くにいた航太郎は女の子に飼育員なら凄さを説明してと、助けを求められてしまうのだ。

今すぐにでも泣いてしまいそうな女の子を見て、航太郎は勇気を振り絞り、世界で一番大きいダンゴムシであることや絶食についての知識を披露するのだが、見た目の地味さは変わらない。

そんなときに湊人館長が現れてダイオウグソクムシを水中で飛ばせるのだ。

それは偶然ではなく、生態を利用した演出であり、周りにいたお客さんはその光景に目を奪われる。

「動かないからつまらない。なんて言われてしまうこともありますが、でもそれはきっとあなたが本当の深海を知らないから」とこの場を納めてしまうのだ。

マグメル深海水族館を読んだ感想

マグメル深海水族館1巻にはラブカやダイオウイカ、マッコウクジラなどの有名だけど、詳しくは知らない生き物たちがたくさん出てくる。

ぜひこの漫画をきっかけに深海の魅力、ロマンに触れてほしいと思う。

マグメル深海水族館2巻感想記事

次の記事ではマグメル深海水族館2巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

くらげバンチからおすすめする漫画

マグメル深海水族館と同じWEB漫画誌『くらげバンチ』からおすすめする漫画です。

本屋でマグメル深海水族館を探す場合、この作品の近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

元・最凶ヤクザが選んだのは、主夫としての道だった――!
話題の新鋭作家がおくる、アットホーム任侠コメディ!!

「このマンガがすごい! 2019 オトコ編  第8位!」
「WEBマンガ総選挙 2018        第9位!」
「次にくるマンガ大賞2018Webマンガ部門 第3位!」


2018年度マンガ賞、続々ランクイン!

極主夫道 1巻より引用

キモノ着て、恋しよう

大阪で家族と暮らす野々村もも。
仕事がお休みの日の楽しみは、亡くなった祖母から受け継いだ着物でおでかけすること。
三月のある休日、一人ででかけた京都の老舗喫茶店で、とある男性に一目ぼれして――。
キモノ乙女のピュアな片想いに心ときめく、関西おでかけ漫画開幕!!

恋せよキモノ乙女1巻より引用
タイトルとURLをコピーしました