2019年1月からアニメ化された漫画

ブルーピリオド1巻感想|「才能の世界」DQNが出会ったものは一枚の油絵だった

スポンサーリンク
ブルーピリオド1巻画像

人は誰しも得手不得手を抱えて生きている。

会話すること、食べること、寝ること、集中することなど……誰もが生きる上で欠かせない能力にさえ才能は存在する。

芸術やスポーツなど、それを仕事にしようものなら天才が集まったなかでさえも優劣が決まってしまう。

努力が置いてけぼりにされる。

天才と呼ばれてきた人間が、いきなり下手くそと罵られるかもしれない恐ろしい世界だ。

 

月刊アフタヌーンで連載中の『ブルーピリオド』はひとりのDQNが美術の世界に魅了され、美大合格を目指して奮闘する話だ。

私に言わせれば好きなものに出会うことも才能の一つ。遅いかどうか、世間の目を気にせず突き進むことができるか、レールを自分の意志で選べるか……。

才能に本気で挑む物語をぜひ読んでほしい。

スポンサーリンク

ブルーピリオド1巻のあらすじ

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す。

出版社・漫画誌などの情報

  • 連載誌:月刊アフタヌーン
  • 本屋で探す目印:AFTERNOON KC
  • 出版社:講談社
  • 作者 :山口つばさ
  • 電子書籍:kindle『ブルーピリオド1巻
  • ジャンル:文化系・美術・受験
  • おすすめする人:独特な絵柄や世界観・スポーツが好き・学生から大人まで熱量を貰いたい人
 

ブルーピリオド1巻の見どころ・感想

ブルーピリオド1巻ネタバレ

主人公は嫌われないタイプのDQN

主人公の矢口八虎はいわゆるDQN。

しかし成績優秀、世渡り上手でもあり、嫌われない不良でもある。学生時代こういう人間はひとりぐらいいたのではないだろうか。

八虎にとってテストも人付き合いも、ノルマをクリアする楽しさに近く、それなりのコストをかけている。八虎は結果がでるように普通のことをしているに過ぎないのに、人は自分を褒める。

その虚しさを八虎は抱えて過ごしてきた。

一枚の絵に衝撃を受ける

しかし彼は出会ってしまう。

一枚の絵に。

退屈でしかなかった美術の授業。

その絵を描いたのは美術部員の森先輩。

彼女との出会いは後々、八虎の進路に大きく影響することになるのだが「手放しに才能って言われると何もしてないって言われてるみたいで……」と八虎の虚しさと同じ感覚を持っている。そして蛇足だと分かっているが言わせてほしい、太眉が可愛いのだ。

 

そのことを嬉しく思ったのか八虎は「渋谷なんですけど……静かで青いんすよ」と自分が見た景色の話をぽろっとこぼしてしまう。しかし森先輩は「あなたが青く見えるなら、りんごもうさぎの体も青くていいんだよ」と平然と言葉を返すのだ。

先生の重く響く言葉

「美術は文字じゃない言語だから」八虎は考える。今までの自分ではありえない選択をしようとしている八虎。「好きなことは趣味でいい。これは大人の発想だと思いますよ」美術の先生に言われた言葉はなによりも重く響くものだった。

 

この作品の帯には「夢の熱さ、自分の若さに目覚めちゃう伝染性青春漫画」「読むと未来を模索したくなる!俺たちは好きなことを支えにこの世界を生きていく」と書かれている。

美大に入るメリット、デメリット、絵を描く技法。

絵やイラストを描くことが好きな人はもちろん、何かに挑戦しようとしている人に『ブルーピリオド』はぜひ読んでほしい作品だ。

ブルーピリオド2巻感想記事

ブルーピリオド2巻感想|みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2018ネクストブレイク部門大賞
『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2018ネクストブレイク部門』大賞に輝いた月刊アフタヌーンで連載中の『ブルーピリオド2巻』のネタバレ注意な感想・レビュー。藝大挑戦を決めた八虎が予備校に通い、技術を学ぶ。

次にくるマンガ大賞2018ノミネート

ダ・ヴィンチとニコニコが創設したユーザー参加型の漫画賞に、2018年5月18日時点でシリーズ既刊が5巻以内のマンガという条件で、1862のエントリー作品から50タイトルがノミネートされた。

次にくるマンガ大賞2018受賞作決定『来世は他人がいい』『先輩がうざい後輩の話』が1位に輝く
既刊5巻以内の漫画を対象にユーザー投票で決定する「次にくるマンガ大賞2018」の結果です。コミックス部門とウェブマンガ部門の1から10位までを紹介しています。残念ながら私が推している漫画はトップテンには入りませんでした。
次にくるマンガ大賞2018|私がおすすめする・気になっている漫画【まとめ】
次にくるマンガ大賞2018ノミネート作品、コミックス部門・Webマンガ部門それぞれ50作品が発表された。そのなかで私が実際に読んでおすすめする・気になっている漫画一覧記事。それぞれ10作品程度選んでいます。

ブルーピリオド マンガ大賞2019ノミネート

マンガ大賞は書店員をはじめとする漫画好きが、2018年1月1日から12月31日までに新刊の単行本が刊行された、 最大巻数が8巻までの作品という条件をもとに選考する漫画賞だ。

マンガ大賞2019ノミネート『ダンジョン飯』や『ハクメイとミコチ』など13作品が選ばれる
マンガ大賞2019にノミネートされた13作品一覧と2018年度の結果一覧記事。4年連続のノミネートとなった『ダンジョン飯』やこのマンガがすごい2019に選ばれた作品たち。2018年アニメ化された『ハクメイとミコチ』が選ばれた。
スポンサーリンク

月刊アフタヌーン おすすめ漫画

ブルーピリオドと同じ漫画誌『月刊アフタヌーン』からおすすめする漫画・私が気になっている漫画を載せておきます。

本屋で探す場合、これらの作品が近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

天国大魔境

このマンガがすごい2019オトコ編1位

created by Rinker
¥680(2019/02/16 09:04:15時点 Amazon調べ-詳細)
「未知の世界」このマンガがすごい2019オトコ編第1位‼︎『それでも町は廻っている』石黒正数最新作『天国大魔境1巻感想』
このマンガがすごい2019オトコ編で第1位に輝いた『それでも町は廻っている』石黒正数最新作『天国大魔境1巻』のネタバレ注意な感想・レビュー。子供たちが安全に暮らす天国と、怪物が生きる魔境となった外の世界はどう交わるのか。

来世は他人がいい

次にくるマンガ大賞2018コミック部門1位

極道の家で生まれ育った女子高生、染井吉乃。家庭環境は特殊でも、おとなしく平穏に日々を過ごしてきた。婚約者の深山霧島(みやま・きりしま)と出会うまでは――!デビュー作『春の呪い』で「このマンガがすごい!2017」(オンナ編)2位にランクインした小西明日翔の最新作。はみ出し者たちが織りなす、スリルと笑いが融合した極道エンタメがここに誕生!!

青野君に触りたいから死にたい

異色のホラーラブストーリー

刈谷優里、高校2年生。彼氏は幽霊の青野くん。 
この恋は、絶対に結ばれることはない。 
しかも、彼はときおり態度が豹変し、優里に憑依してくることがある……。 
君はモンスターなの? それでもいい、君と一緒にいたい。 
わたしはどうなってもいい。ほかには何もいらないから――。 
この恋は純愛か、狂信か。 
幽霊の彼×女子高生、異色のホラーラブストーリー!

けもらいふ

Twitterで話題の癒し系【出張掲載】

created by Rinker
¥1,080(2019/02/16 07:14:00時点 Amazon調べ-詳細)
ちょっぴり変な動物たちとのんびりゆったりもふもふライフ!ツイッターで話題の動物マンガがついに書籍化!ちょっぴり大きくてダンディな声のインコ、突然巨大化したのほほんハムスター、人間に負けちゃうひ弱ぐま…。そんなケモノたちと過ごすちょっぴり変な女の子たちとの、クスッと笑って癒される、けももふマンガ!書籍でしか読めない新作エピソードや描きおろしも収録!!

トグルボックス内容