漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

マグメル深海水族館2巻|オンデンザメや深海の人気者メンダコが描かれる

マグメル水族館2巻画像

深海水族館を舞台にふしぎな生物の知識や命の重さや繊細な心理描写で人気になっている、くらげバンチで連載中のマグメル深海水族館2巻が2018年6月15日に発売されました。

本作は『このマンガがすごい!WEB』というサイトで行われているアンケート集計によるランキングで2018年2月オンナ編で2位に選ばれている、今注目の漫画。

マグメル深海水族館2巻では料理人見習いの堂ヶ島嵐どうがじまらんが登場したり、オンデンザメやメンダコにまつわるエピソードが描かれています。

くろごま
くろごま

メンダコは癒されますよね

スポンサーリンク

マグメル深海水族館2巻のあらすじ

マグメル深海水族館は、東京湾の水深200メートルにある世界唯一の水族館。ここでは、深海に潜む生き物たちを身近に観察することができる。清掃員のアルバイトとして働く天城航太郎は、館長の大瀬崎湊人の勧めで飼育補助員を始める――。なかなかエサを食べてくれないチョウチンアンコウや死ぬ間際のメンダコ、深海に戻れなくなってしまった野生のオンデンザメの救出など、さまざまな出来事が航太郎に降りかかる――。

マグメル深海水族館2巻より引用

  • 漫画誌:くらげバンチ
  • 出版社:新潮社
  • 作者:椙下聖海
  • ジャンル:生物

【ネタバレ注意】マグメル深海水族館2巻の感想と見どころ

1巻の内容を振り返る

飼育補助員になった天航太郎

東京湾の水深200メートルにある世界唯一の水族館『マグメル深海水族館』で、清掃員のアルバイトから館長の大瀬崎湊の勧めによって飼育補助員となった主人公の天城航太郎。

飼育補助員としての最初の仕事は全ての生物をみることであり、最初に担当することになったのは“ミツクリエナガチョウチンアンコウ”だった。

みっちゃんと呼ばれ愛されるチョウチンアンコウは開館当初からいるマグメルの主。

チョウチンアンコウは誰もが知る深海魚だが、皮膚が弱く傷つきやすいので飼育が難しい生き物としても知られている。

航太郎の仕事は餌を与えること。
しかし、まったく食べてくれない。

他の人が餌をいれると食いつくのに、航太郎だけは無視するのだ。

なぜそのようなことになるのか、そこにはちゃんと理由があった。

くろごま
くろごま

水槽にも色々な工夫が…

料理人見習いの堂ヶ島嵐が登場する

マグメル深海水族館2巻では料理人見習いの堂ヶ島嵐やマグメル水族館の天才獣医・春野出帆といった新キャラが登場する。

「俺の夢はいつか誰も食べたことのない世界一うまい深海料理を作ることだ!」という堂ヶ島の料理開発を手伝う様子が描かれている。

マグメル深海水族館2巻を読んだ感想

メンダコがパタパタ泳ぐのは死期が近いとか、キンメダイが実は深海魚であり古代魚とか、生き物の知識はもちろん登場人物の心理描写やエピソードは見ごたえがある。

「俺たちにできるのはいつも愛情をぶつけるだけなんだ」

「私たちの仕事はいつだって死と直面している」

生き物と本気で向き合うマグメル深海水族館2巻になっているのだ。

マグメル深海水族館3巻感想記事

次の記事ではマグメル深海水族館3巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

くらげバンチからおすすめする漫画

マグメル深海水族館と同じ漫画誌『くらげバンチ』からおすすめする漫画です。

本屋でこの作品を探す場合、マグメル深海水族館の近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

宇宙暦0156年、地球連邦政府と宇宙移民との抗争は激化していた。戦局を打開する為、地球連邦は新鋭宇宙軍用艦「ティラミス」を出航させる――。ティラミスの若きエース、スバル・イチノセは、眉目秀麗、成績優秀な天才パイロット。……だが彼の真の姿は、ティラミス艦内の集団生活に馴染めず、いつも専用機・汎用人型機動兵器デュランダルのコックピットにひきこもってばかりいる奴で……。孤独のコックピットギャグ、出撃!!

宇宙戦艦ティラミス1巻より引用

元・最凶ヤクザが選んだのは、主夫としての道だった――!
話題の新鋭作家がおくる、アットホーム任侠コメディ!!

「このマンガがすごい! 2019 オトコ編  第8位!」
「WEBマンガ総選挙 2018        第9位!」
「次にくるマンガ大賞2018Webマンガ部門 第3位!」


2018年度マンガ賞、続々ランクイン!

極主夫道1巻より引用

タイトルとURLをコピーしました