2019年に1巻が発売された面白い漫画

【荒ぶる季節の乙女どもよ5巻 ネタバレ注意】新菜の戸惑いと恋の伝説の結果

荒ぶる季節の乙女どもよ5巻画像
この記事は約4分で読めます。

この記事では別冊少年マガジンで連載中の、性に振りまわされる少女たちの青春を描いた恋愛漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ5巻』のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

4巻では恋の伝説をでっちあげるために合宿が行われましたが、荒ぶる季節の乙女どもよ5巻では文化祭本番で覚悟を決めた告白が描かれています。

荒ぶる季節の乙女どもよ5巻の表紙裏画像
上が裏表紙、下がカバー裏イラストです
くろごま
くろごま

共感性羞恥が発動する巻でした

スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよ5巻のネタバレ注意な見どころ

TVアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」第2弾PV

荒ぶる季節の乙女どもよ5巻のあらすじ

泉に想いを告げることを決意した和紗。しかし、「セックス」発言の新菜もまた、自らの中に起こる泉への想いを自覚し始める……。それぞれの”恋”と”性”、岐路となる文化祭が始まる。

荒ぶる季節の乙女どもよ5巻より引用

菅原新菜の本当の初恋

朗読劇を行うことになった文芸部。
ヒロインは和沙で男役は新菜。

練習を終えた新菜はある場所を訪れる。
それはかつて在籍していた劇団そよ風、目的はもちろん演出家の男に会うこと。

「私は自分のことを客観視できるほうだと思っていました。でも…自分の心におこった変化に理解がついていかなくて」

「キスしてくれませんか」

とねだる新菜だったが、そこに高揚感は存在しなかった。

泉のことを好きな和沙、そして和沙は新菜にとって初めてできた大切な友達。

自分の感情を理解しきれていない新菜に「人は誰かの所有物ではない。もっと自由に愛せる、もっと自由に交われる。つまらない女になるな菅原新菜」と男は言うのだ。

くろごま
くろごま

トラブルメーカーになりそうな予感

天城君と曾根埼の関係

恋人になったにもかかわらず気恥ずかしさから今までの距離感から何も変わっていない天城と曽根崎。

天城君はどうしたらいいのか分からず、曾根崎もこのままではやばいと感じている。

そんな文化祭のさなかで曽根崎に話しかけるギャルは純朴そうな男子を連れて歩いていて「意外だったわまさかあんなに真面目そうな少年が男ってわからないものね」と驚愕させる。

と同時に眩しいくらいの笑顔に『女も分からない。私も…あんな風に笑いたい』と自分の想いを伝える覚悟をするのだ。

荒ぶる季節の乙女どもよ5巻を読んだ感想

荒ぶる季節の乙女どもよ5巻では菅原新菜の戸惑いや暴走、そして曾根埼と和沙の勇気が描かれた。

ハッピーエンド!と素直に思えないのは新菜がトラブルメーカーになりそうな予感がしまくっているからで、共感性羞恥が発動する自分にとってはしんどい巻だった。

とはいえそれは恋愛漫画として濃密な時間が進んでいる証拠であり、今後どうなっていくか気になる気持ちも高まっているのだ。



荒ぶる季節の乙女どもよ6巻の感想記事

次の記事では荒ぶる季節の乙女どもよ6巻のネタバレ注意な見どころを紹介します。

スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよと一緒におすすめする漫画

荒ぶる季節の乙女どもよが連載している別冊少年マガジンからおすすめする漫画です。

本屋でこの作品を探すのなら、荒ぶる季節の乙女どもよの近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

「俺がいなければ、この人の肩が濡れることはなかったのに」

高校への進学を機に、おじさんの家に居候することになった直達。
だが最寄の駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性の榊さん。

案内された家の住人は26歳OLの榊さんとなぜかマンガ家になっていたおじさんの他にも女装の占い師、メガネの大学教授といずれも曲者揃いの様子。

ここに高校1年生の直達を加えた男女5人での一つ屋根の下、奇妙な共同生活が始まったのだが、直達と榊さんとの間には思いもよらぬ因縁が……。

久しぶりに始動した田島列島が自然体で描くのは家族のもとを離れて始まる、家族の物語。

水は海に向かって流れる1巻より引用