漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【あの人の胃には僕が足りない 3巻 ネタバレ注意】蒔江くんの重い過去と文化祭が描かれる

あの人の胃には僕が足りない3巻の表紙画像
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では月刊モーニング・ツーで連載中の怪異ファンタジー『あの人の胃には僕が足りない3巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します!

2巻ではヒメカブリというワタリ・依澄ちゃんとの出会いや海イベントなどが描かれましたが、あの人の胃には僕が足りない3巻では管理人さんよりも立場が上の新キャラが登場し、舟次くんの体質が街に脅威をもたらしてしまいます。

2巻の内容を思い出す>>>【あの人の胃には僕が足りない 2巻 ネタバレ注意】幼なじみの依澄ちゃんとの再会?が描かれる

あの人の胃には僕が足りない3巻の裏表紙画像
スポンサーリンク

あの人の胃には僕が足りない3巻のあらすじ

お互いを大切に思う気持ちを確かめあった、蒔江と満腹先輩。

恋人同士として仲良く暮らしていくことを決意するふたりの前に、謎の男・武蔵野ら3人組が登場。

ワタリに関する問題の対処にあたっているという彼らは、ワタリを引き寄せる蒔江の体質が街を重大な脅威にさらしている、と警告。

自身に埋め込まれたワタリの「苗木」をめぐり、蒔江は幼少期の記憶をたどる――。

緊迫の新シリーズ「文化祭編」開幕!

あの人の胃には僕が足りない3巻より引用

ネタバレ注意!あの人の胃には僕が足りない3巻の見どころ

武蔵野という新キャラが登場する

ヒメカブリというワタリの和泉依澄の記憶を辿ったり、管理人さんに頼まれてワタリの退治をすることになったりと、舟次くんと満腹先輩の夏休みは進んでいく。

満腹先輩は『みんなと一緒って難しいな…』と人間社会への適応に悩んでいるわけだが、舟次くんと生活を共にすることによって幸せそうな笑顔をみせているのだ。

そんなふたりは管理人さんを管理する立場だという武蔵野という男犬神鬼ヶ島いぬがみおにがしま館望たてもちというバイト二名に出会うことになる。

武蔵野は舟次蒔江の体質について「この苗木を埋め込まれたものはワタリを引き寄せる…ある種のフェロモンのようなものを放つようになる」と過去に印象的な出来事はないかと聞かれるのだ。

ワタリに関する心当たりはない…しかし舟次くんの家族に関する記憶が描かれていく。

文化祭に訪れる父親とワタリの脅威

あの人の胃には僕が足りない3巻では文化祭というイベントが描かれていて、舟次くんの父親が訪れることになる。

なぜ舟次君はひとり暮らしをしているのか、家族になにがあったのか、その過去が描かれていく。

そして武蔵野の「今後君が呼び寄せるワタリはどんどん手に負えないものになってゆく。そのとき被害をこうむるのは誰だ?事態を収めるのは誰だ?」という忠告通り、今までにないレベルのワタリが文化祭に被害をもたらしてしまう。

武蔵野の人柄だけでなく、犬神鬼ヶ島と館望の戦闘描写にもぜひ注目して欲しいところだ。

4巻の記事を続けて読む>>>【あの人の胃には僕が足りない 4巻 ネタバレ注意】満腹先輩のルーツを辿る“出雲編”が始まる

月刊モーニング・ツーのおすすめ漫画

あの人の胃には僕が足りないが連載されている月刊モーニング・ツーのおすすめ漫画です。

書店で小さいノゾミと大きなユメとんがり帽子のアトリエという漫画を探すのなら、あの人の胃には僕が足りないの近くにあると思います。

レビュー記事>>>【とんがり帽子のアトリエ 感想】世界累計140万部突破!美しすぎる魔法ファンタジーが面白い

くろごま
くろごま

以上、あの人の胃には僕が足りない3巻の紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました